3月 11

【番外編】資料探しの難しさ(一部加筆)

(ネット時代の情報検索)
インターネットによる情報探しにはかなり慎重さが必要になる。
便利な反面、意外な落とし穴が待っている。
まず、Wikipediaには幾つか注意しなければならない点がある。例えば数値が必ずしも合っているとは限らない。
過去に年月日表記の間違いを幾つか発見している。

次に、あるテーマに関して「一部の情報」または「一面的情報」しか掲示されていない場合も多々ある。
例えば、「川上音二郎」の表記で横浜、茅ヶ崎での活動、足跡が一切無いのは不自然といえる。
記述は福岡県関係の資料オンリーである。(20120310時点)

注目度の高いテーマ、かなり専門家が関わっている場合は情報の熟成度が高くなるが、慎重に二重の確認が必要かもしれない。
(ゴミ屑)
ネットのもう一つの危険性は、誤植や一時期の間違いがそのままネット上に残されている点だ。
身近でその基本的な正誤を知っている場合は修正が効くが、真偽を確かめる方法が必要になって来る。
神奈川県のサイトで下記の記事を発見した
*******
インターネット上の誤った情報にご注意を
・最近、インターネット上のフリー百科事典や掲示板等において、神奈川県青少年喫煙飲酒防止条例に関する誤った情報が見受けられます。
(誤った情報の主な内容)
・この条例により未成年者は調理師や製菓衛生師の受験ができない。
・この条例により飲食店や医療関係者等が行う仕入れや診察準備等の正当な業務に制限が生じる。
・この条例により県内の専門学校等に未成年者が在籍できない。
・これらの情報は、全て根拠のないものであり、この条例によって上記のような制限は発生しませんので、ご注意ください。

・関係する解釈については、Q&Aをご覧ください。
・この条例に関するお問い合わせ:神奈川県県民局青少年部青少年課
・調理師、製菓衛生師に関するお問い合わせ:神奈川県保健福祉局生活衛生部環境衛生課
**********(引用終わり)
(過去のゴミが生きている)
例えば オリエントホテル開洋亭はすでに廃業、取り壊されているが、資料画像のようなページが現存している。


複製情報の流布と拡散が情報構造を複雑にしている点が問題点として指摘できるだろう。エントロピーの法則ではないが、拡散した情報を消し去ることは皆無である。
記憶にではなくデジタルで深く記録されていくからだ。
これは厳密にいえばメディアの誤報にも言えることでで、これからのメディアの責任として誤報の修正は十分に行う必要があると私は考える。
従前では、メディアの修正や謝罪はすごく地味に小さく露出する傾向にあるが、ネットが全てアーカイブ機能を持っている以上、情報拡散へのなんらかの対策も必要になってくるのではないか。
ある種のデマ、陰謀説、都市伝説もネットである時に真実かのような牙をむき出しにしてくる。虚偽のローンダリング機能の危険性についても意識する必要がある。

飲食店とネット評価の危うい関係もそろそろクラッシュする頃だと感じる。参加型なり取材型の評価軸がゆらぎつつある。どこが評価されたかではなく、誰が評価したかに傾斜しつつあるからだ。食など価値観に影響される分野を投票や安易な評価で尺度かする無意味さにそろそろ気がついても良い頃だろう。作為的な情報操作も検証の術を得ていない。
例えばザガット・食べログ等の限界がそうだ。
サーベイを世論調査と同様というが果たしてそうだろうか?
食に民主主義的なるものが通じるのだろうか。
ラーメンならラーメン、カレーならカレーというったカテゴリーを切って掘り下げる傾向は面白い。レストランという大まかなくくりでランキングする時代はもう終わったのではないか。

テーマを戻す。
検索サイトは最近どうも結果表示に不自然さを感じるのは私がすでに最新の検索エンジン及び検索サイトの運営方針についていけないからだろうと思うが、冗長的というか余計なものが多すぎる。
この中から欲しいものを探し出すには、以前よりも経験と時間が必要になってくるから皮肉だ。
ネットライブラリーにはレファレンスサービスが(ほとんど)無い。
ダイレクトに情報に行き着くように仕組まれる。
電子資料の二次化がもう少し充実していく必要があるだろう。
その意味で 初期のオールアバウトには期待していたのですが…

一方で
一次資料のデジタル化(アーカイブの整備)が進んでいることは大変評価できる。
これはデジタル文化の最大恩恵だ。
大学図書館、専門図書館(資料室)及び関係者の努力に対し御礼を言いたい。

3月 11

No.71 3月11日 内村鑑三と関東学院

まず 311に際し亡くなられた方のご冥福と被災された方々へのお見舞いを改めて申し上げます。私たちには立ち上がる力があります。
しぶとくずぶとく再生のために生きましょう。

今日の暦は、1921年(大正10年)のこの日、宗教家であり思想家、社会運動家であった内村鑑三が、横浜を訪れたエピソードを紹介します。

内村鑑三
 
内村鑑三(北方資料室)

1921年(大正10年)頃がどのような社会情勢の中にあったのか?
1919年に人類史上はじめての世界大戦がドイツの降伏により終わります。
1914年に始まった大戦では、欧州だけではなくアジア、アフリカ。太平洋でも列強の植民地、租界等で戦争が行われ多くの犠牲がでました。この時、日本は日英同盟に基づきイギリス・フランス・ロシアを中心とする連合国側に立ち、皮肉にも1914年8月15日ドイツに勧告を行い23日にドイツに宣戦布告(参戦)することになります。
主な戦場は中国大陸でしたが、地中海にも艦船を出しドイツ海軍と戦闘を行っています。
日本は戦勝国側となり、戦勝賠償の一つとしてドイツの大型汽船「カツプ・フイニステル号」(後の大洋丸)を貰い受けます。15,000t級サイズの汽船は当時日本最大級で、太平洋航路就航のために横浜港にその姿を見せたときは、多くの見学者が訪れました。


その見学者の一人が晩年の内村鑑三(60歳)で、1921年3月11日に横浜を訪れますが、ただ物見遊山に横浜へ行くのももったいないと考えたのか教え子が初代校長として奮闘している学校を見学に出向きます。
内村が訪れたのが1919年三春台に開校した“話題の学校”「私立中学関東学院」の新校舎です。
日記には野毛山のつづきとありますがどのルートから学校を訪れたかは不明です。
(桜木町からだと野毛山経由が近い)

野毛山から関東学院を望む

話題の学校”というのは、当時の宗教教育への圧力に抵抗したからです。

関東学院設立の少し前の1899年8月3日発令の「文部省訓令第12号」という宗教教育に一定の圧力をかけることができる法令に対し、関東学院は認可校の特権を敢えて棄てます。
反骨の内村鑑三としては、良くやった!
とエールを送ったのではないでしょうか。
この時、第一回入学式に初代学院長坂田祐が語った「Be a man and serve the world(人になれ、奉仕せよ)」はその後の関東学院の校訓となります。

最後に311に因んだ話を一つ。
関東大震災から半年後の1924年3月10日、関東学院中学部第一回生の卒業式が行われました。その時初代学院長坂田祐は卒業生に訓示を贈ります。
「貧乏になってもよい、この世の事業に失敗してもよい、人生観の基礎を確立して価値ある生涯を送らん事を淳々と説かれ、真の人、真の奉仕者こそ、人生の真の勇者である事を強調し、若き卒業生の魂をゆすぶられた。」と記録されています。

震災後に建った関東学院中学校旧本館はJ.H.モーガン設計による名建築で、横浜市認定歴史的建造物となっています。