日: 2012年4月21日

No.112   4月21日 濱にお茶は欠かせない 明治の実業家達

No.112 4月21日 濱にお茶は欠かせない

幕末期日本の近代化のために必要だった国家予算を稼いだのは お茶と生糸でした。 お茶は通商条約発効の1859年には早速180,000kg輸出され  生糸に継ぐ貿易の柱となります。 ところが現実、お茶輸出は 貿易開始時から“投機"的商品となっていきました。 自然 粗悪品も登場し、市場が混乱します。 信頼…