【資料編】

No.136 5月15日 フルライン金沢区 【資料編】

No.136 5月15日 フルライン金沢区

横浜18区を折をみて紹介していきます。 今日が区創設日の金沢区を紹介します。 横浜市金沢区は1948年5月15日に磯子区から分区し創設しました。 金沢区のマーク 金沢区の位置 (横浜市最初の5区) 1927年(昭和2年)10月1日に鶴見・神奈川・中・保土ケ谷・磯子の5区が発足します。その後、1943…
No.133 5月12日 餌の勝ち!(加筆修正) 【資料編】

No.133 5月12日 餌の勝ち!(加筆修正)

喰う者と喰われるもの。 自然界の食物連鎖が崩れると、生態系が壊れてしまいます。 とはいえ生態系の重要性が認識された歴史はごくごく最近のことです。 1927年(昭和2年)の今日、アメリカザリガニが “餌として” 横浜に初上陸しました。 Wikipediaより引用 1927年(昭和2年)5月12日横浜に…
No.123 5月2日 全県下警察官待望の楽園 【資料編】

No.123 5月2日 全県下警察官待望の楽園

みなとみらいによく見ると不思議な建物が建っています。 「けいゆう病院」です。 1996年(平成8年)1月8日に完成した財団法人神奈川県警友会が運営する総合病院です。 今日のテーマは、この「けいゆう病院」の前身(前名)で山下町にあった「(旧)警友病院」です。 この警友病院は、1934年(昭和9年)の今…
No.106 3月15日 生きるとは、生きる価値を見つけることだ(修正) 【資料編】

No.106 3月15日 生きるとは、生きる価値を見つけることだ(修正)

長谷川伸、 いつかは紹介しなければならない横浜ゆかりの人物です。 長谷川伸は1884年(明治17年)の今日、 横浜市中区日ノ出町で生まれ1963年(昭和38年)に79歳で亡くなるまで多くの作品を残し、多くの門下生を育てました。 作品の中にも横浜生活を活かした作品が多く残されています。 長谷川伸、本名…
No.105 4月14日 白の悲劇(加筆) 【資料編】

No.105 4月14日 白の悲劇(加筆)

1958年(昭和33年)4月14日の今日、 1600時、次の寄港地ホノルルに向かうために横浜港を出発したキュナード・ライン社の客船「カロリナ号」は、折からの強風と湾内を航行する米軍艦とのニアミスを避けるため旋回したことで防波堤に衝突。 突堤の横浜港「白灯台」をなぎ倒し座礁しました。 絵葉書にもなった…
No.100 4月9日 市民生活の実像は描ききれたのか 【資料編】

No.100 4月9日 市民生活の実像は描ききれたのか

やっと100まで来ました。 100話目なので何か大きなテーマでいこうかと考えましたが、150あたりまで何時もの通りで行くことにします。 ということで 1964年(昭和34年)の今日、第一回の横浜市民生活白書「横浜と私」が発表されました。 というネタから「市民生活白書」について簡単に紹介します。 まず…
No.97 4月6日 東日本初の中央卸売市場が認可される 【資料編】

No.97 4月6日 東日本初の中央卸売市場が認可される

横浜を含め全国の中央卸売市場が今、 危機に瀕しています。 「卸売り」というと割高のイメージが定着していますが、 私たちにとって不要かどうか、 私たち消費者こそ強い関心を寄せるべき「食生活」の重要な機能です。 ここでは流通論を展開する場ではありませんが、 食の多様性と地産地消の視点から、この食品流通に…
No.90 3月30日 環状鉄道の夢 【資料編】

No.90 3月30日 環状鉄道の夢

路線図を見れば明らかですが、 370万人都市にしては横浜の鉄道網はまだまだ未完成です。 横浜駅を中心に放射状に延びる路線網に対し、環状線が未整備のため不便さが際立っています。 環状線の整備は市民の利便性、アクセスを高める重要な要素です。 利便性の確保は1960年代から計画されていましたが2008年(…
No.84 3月24日 実験都市ヨコハマの春祭り開催 【資料編】

No.84 3月24日 実験都市ヨコハマの春祭り開催

1989年(平成元年)の今日、横浜市政100周年(横浜開港130年)記念事業の中核となる横浜博覧会開会式が行われました。 この横浜博覧会はみなとみらい21地区の69haを使用して開催され、のべ1,333万人が入場しました。<開催期間は1989年(平成元年)3月25日〜10月1日> 公式ガイドブック …