tadkawakita

横浜の歴史にざくっと関心をもって15年です。本腰をいれて学び始めて5年となりますが、学べば学ぶほどに深くなっていきます。 Y2345というキーワードを作りました。1923年〜1945年までの横浜を軸に「横浜史」を乱学しています。 史実に出会ったら、できるだけ現在の地を訪れるよう努力しています。
第989話【運河物語】派大岡川 大岡川水系

第989話【運河物語】派大岡川

横浜の運河を追いかけています。 今回は「派大岡川運河」です。 大岡川と中村川を結び、吉田新田誕生と同時に誕生し昭和48年に消えた運河です。 明治45年関内地図 吉田新田図(幕末) 上図は、幕末開港直前の吉田新田付近です。横浜村がペリーとの交渉場所となり、その後開港場がここに誕生します。太田屋新田がで…
第988話【横浜真景一覧図絵比較】 その2 【資料編】

第988話【横浜真景一覧図絵比較】 その2

明治期に発行された鳥瞰図マップの傑作「横浜真景一覧図絵」から当時の風景を比較します。 今回は建築物です。 明治25年版と35年版からトピックスを幾つか探し出しました。 明治25年版・明治35年版比較 [横浜税関] この絵図の海岸中心部には桟橋(象の鼻)とそこに明治期の日本を支えた貿易を司る"税関"が…
第987話【運河物語】桜川 【横浜の鉄道】

第987話【運河物語】桜川

横浜の運河を追いかけています。【真景絵図】シリーズの合間に運河を入れます。 今回は桜川運河です。 桜川は現在の横浜中心市街地を支えた運河群の一つで大岡川と帷子川を繋ぐ約2kmの運河でした。 1870年(明治3年)に誕生し翌1871年(明治4年)には「桜木川」と呼ばれましたがその後「桜川」となりました…
第986話【横浜真景一覧図絵比較】 その1 大岡川水系

第986話【横浜真景一覧図絵比較】 その1

前回から25年版・35年版を比較し10年間を探ってみました。 おさらい <一目見ての大変化>  海岸通り部分の埋立  大桟橋の完成  富士見川運河が消滅 前回の 第985話【横浜真景一覧図絵徹底研究】第六話で簡単に紹介しました。 【横浜真景一覧図絵】明治25年版・明治35年版比較 【横浜真景一覧図絵…
第985話【横浜真景一覧図絵徹底研究】第六話 【資料編】

第985話【横浜真景一覧図絵徹底研究】第六話

今回から数回に分け、尾崎富五郎の描いた二版の鳥瞰図を元に(十年間の)変化を読み解くことにします。 この「横浜真景一覧図絵」徹底研究シリーズは今回で第6回目となります。 明治25年版 明治35年版 第1回から第5回までのシリーズで基本資料としたのが 「横浜真景一覧図絵」1892年(明治25年)版です。…
番外編【資料としての絵葉書】横浜駅 【横浜の鉄道】

番外編【資料としての絵葉書】横浜駅

※自分用を兼ね簡単に整理した横浜駅の基本情報をアップします。 ■三回引っ越した横浜駅 横浜基本情報の定番の一つが【さまよえる横浜駅】です。ペリーが横浜の応接所に上陸し様々な当時の最先端テクノロジーを紹介しました。 中でも<機関車>の紹介は臨場した幕府関係者を驚かせました。 小さい線路を敷いて模型の機…
第984話【一枚の絵葉書から】珈琲牛乳 横浜の駅

第984話【一枚の絵葉書から】珈琲牛乳

企業年賀はがき「横浜駅待合室ミルクスタンド」 これは昭和5年の年賀ハガキです。 横浜市中区紅葉ケ丘三号 学務部長殿 とあります。 ここに記された宛名の「学務部長」は 神奈川県学務部長 九鬼三郎と推測しましたが、確証ありません。  戦前の学務部長は公立学校の事務方トップで、学校運営に関して県内の最高責…
第983話【横浜路上観察】バス停考古学 【資料編】

第983話【横浜路上観察】バス停考古学

路上観察の愉しみ方は街の片隅に残されている<記憶>を探ることにあります。暗渠・マンホールは川と街の関係を知る<標(しるし)>です。文字系の街の記憶の代表は<バス停><電柱プレート><道標>です。今回は「バス停考古学」を紹介しましょう。「考古学」とは若干オーバーですが、マチナカで街の記憶に出会う最高の…
第982話+【帷子川の橋】その2 帷子川水系

第982話+【帷子川の橋】その2

更新準備中です。現在下書き段階ですが、とりあえずアップです。<中流から下流域 橋梁名のみで失礼>※源流から河口域まで踏破しました。写真は略します。鶴ケ峰駅周辺は目下激変エリアです。相鉄線がなんと! 東急に繋がります。 戦争直後、横浜駅で東急とつながっていたら、相鉄も大きく変わっていたでしょうね。 い…
第982話【帷子川の橋】 帷子川水系

第982話【帷子川の橋】

前回に続き帷子川について紹介します。 帷子川源流から鶴ケ峰まで 帷子川橋梁を源流域から一覧化してみました。これ結構大変でした。地図ではつかめない情報もあり現地調査は欠かせませんでした。帷子川は長さ17kmの短い二級河川です。横浜市域では大岡川と同様に源流を横浜市内に持っています。[源流]帷子川の源流…