3月 12

No.72 3月12日 シルクセンター完成式典挙行

戦後横浜は、
戦災(横浜大空襲)と米軍接収により都市機能が疲弊していました。
折しも開港100周年(1959年)のタイミングに、復興のシンボルとして「生糸貿易の振興」のために神奈川県と横浜市は共同でシルクセンターの設立を提唱しました。
そして官民協力のもと1959年(昭和34年)のこの日、完成し記念式典が行われました。

11733698991578648

シルクセンターの建つ中区山下町1番地は、かつて居留地1番地でした。
ここに開港後いち早く商館を建てたのが極東貿易の最大手イギリスの貿易商社ジャーディン・マセソン商会です。
外資の日本第一号で「英一番館」と呼ばれていました。因みに長崎に進出したジャーディン・マセソン商会の代理店が坂本龍馬の支援者グラバーです。

mms_P3120164

明治維新直後にジャーディン・マセソン商会横浜支店長に就任したのが、
幕末福井藩を脱藩し英国に密航した「吉田 健三」です。
この人物、豪快なビジネスマンで支店長時代に日本政府を相手にビッグビジネスを幾つも成功させます。三年で商会を辞め、高額の慰労金を元手に独立し学校、新聞社の事業、ビールやフランネルの輸入で大成功します。
自由民権運動を支援し東京を追放されたこともあります。
横浜の太田町に豪邸を持ち久保山に浄土真宗「吉上山 光明寺」というお寺を明治21年に菩提寺として建立します。
この「吉上山 光明寺」の書院は小田原御用邸の常宮御座所を移築したもので国登録有形文化財です。
吉田健三の養嗣子となった人物が「茂」で、後の外務大臣、総理大臣となった吉田茂です。
吉田茂は父の死後大磯に移りますが、
戸太町立太田学校(太田小学校)に通ったハマっ子時代があります。

話しが横道にそれました。
ジャーディン・マセソン商会の土地は、その後横浜市の土地となりシルクセンターが建ちます。

E3-83-9E-E3-83-86-E3-82-99-E3-82-A3-E3-82-BD-E3-83-B3-E5-95-86-E4-BC-9A
築港局下がジャーディンマセソン商会

このシルクセンターを設計した建築家は神奈川県立近代美術館、神奈川県庁新館を設計した「坂倉準三」です。(新宿西口駅前広場の設計他多数)

mms_P9023028

丹下健三、前川国男、吉阪隆正と並び世界的建築家ル・コルビュジエのアトリエ出身の四天王の一人です。

シルクセンターそのものは、経営的には決して成功したとはいえません。
様々な苦難の道を歩みます。生糸輸出産業そのものが衰退し、市場が消滅します。センターに併設された「ホテル」も客室にスプリンクラー設置を義務づける建築基準法改正に適応できず廃業し現在は客室を活かしたSOHOオフィスとして稼働しています。
2月25日 絹と女と桑畑も参照

mms_P9023031
神奈川県立近代美術館鎌倉館

近代美術館は、2016年(平成28年)3月末の土地貸借契約満了をもって閉館案が出て現在存続を巡り議論が続いています。土地所有権が鶴岡八幡宮にあり、神奈川県と土地の貸借契約を結んでいるそうです。鶴岡八幡宮側は、継続を希望しているらしい?ようですが
2016年3月末の土地貸借契約満了をもって閉館の見通しとなっています。

3月 11

【番外編】資料探しの難しさ(一部加筆)

(ネット時代の情報検索)
インターネットによる情報探しにはかなり慎重さが必要になる。
便利な反面、意外な落とし穴が待っている。
まず、Wikipediaには幾つか注意しなければならない点がある。例えば数値が必ずしも合っているとは限らない。
過去に年月日表記の間違いを幾つか発見している。

次に、あるテーマに関して「一部の情報」または「一面的情報」しか掲示されていない場合も多々ある。
例えば、「川上音二郎」の表記で横浜、茅ヶ崎での活動、足跡が一切無いのは不自然といえる。
記述は福岡県関係の資料オンリーである。(20120310時点)

注目度の高いテーマ、かなり専門家が関わっている場合は情報の熟成度が高くなるが、慎重に二重の確認が必要かもしれない。
(ゴミ屑)
ネットのもう一つの危険性は、誤植や一時期の間違いがそのままネット上に残されている点だ。
身近でその基本的な正誤を知っている場合は修正が効くが、真偽を確かめる方法が必要になって来る。
神奈川県のサイトで下記の記事を発見した
*******
インターネット上の誤った情報にご注意を
・最近、インターネット上のフリー百科事典や掲示板等において、神奈川県青少年喫煙飲酒防止条例に関する誤った情報が見受けられます。
(誤った情報の主な内容)
・この条例により未成年者は調理師や製菓衛生師の受験ができない。
・この条例により飲食店や医療関係者等が行う仕入れや診察準備等の正当な業務に制限が生じる。
・この条例により県内の専門学校等に未成年者が在籍できない。
・これらの情報は、全て根拠のないものであり、この条例によって上記のような制限は発生しませんので、ご注意ください。

・関係する解釈については、Q&Aをご覧ください。
・この条例に関するお問い合わせ:神奈川県県民局青少年部青少年課
・調理師、製菓衛生師に関するお問い合わせ:神奈川県保健福祉局生活衛生部環境衛生課
**********(引用終わり)
(過去のゴミが生きている)
例えば オリエントホテル開洋亭はすでに廃業、取り壊されているが、資料画像のようなページが現存している。


複製情報の流布と拡散が情報構造を複雑にしている点が問題点として指摘できるだろう。エントロピーの法則ではないが、拡散した情報を消し去ることは皆無である。
記憶にではなくデジタルで深く記録されていくからだ。
これは厳密にいえばメディアの誤報にも言えることでで、これからのメディアの責任として誤報の修正は十分に行う必要があると私は考える。
従前では、メディアの修正や謝罪はすごく地味に小さく露出する傾向にあるが、ネットが全てアーカイブ機能を持っている以上、情報拡散へのなんらかの対策も必要になってくるのではないか。
ある種のデマ、陰謀説、都市伝説もネットである時に真実かのような牙をむき出しにしてくる。虚偽のローンダリング機能の危険性についても意識する必要がある。

飲食店とネット評価の危うい関係もそろそろクラッシュする頃だと感じる。参加型なり取材型の評価軸がゆらぎつつある。どこが評価されたかではなく、誰が評価したかに傾斜しつつあるからだ。食など価値観に影響される分野を投票や安易な評価で尺度かする無意味さにそろそろ気がついても良い頃だろう。作為的な情報操作も検証の術を得ていない。
例えばザガット・食べログ等の限界がそうだ。
サーベイを世論調査と同様というが果たしてそうだろうか?
食に民主主義的なるものが通じるのだろうか。
ラーメンならラーメン、カレーならカレーというったカテゴリーを切って掘り下げる傾向は面白い。レストランという大まかなくくりでランキングする時代はもう終わったのではないか。

テーマを戻す。
検索サイトは最近どうも結果表示に不自然さを感じるのは私がすでに最新の検索エンジン及び検索サイトの運営方針についていけないからだろうと思うが、冗長的というか余計なものが多すぎる。
この中から欲しいものを探し出すには、以前よりも経験と時間が必要になってくるから皮肉だ。
ネットライブラリーにはレファレンスサービスが(ほとんど)無い。
ダイレクトに情報に行き着くように仕組まれる。
電子資料の二次化がもう少し充実していく必要があるだろう。
その意味で 初期のオールアバウトには期待していたのですが…

一方で
一次資料のデジタル化(アーカイブの整備)が進んでいることは大変評価できる。
これはデジタル文化の最大恩恵だ。
大学図書館、専門図書館(資料室)及び関係者の努力に対し御礼を言いたい。

3月 11

No.71 3月11日 内村鑑三と関東学院

まず 311に際し亡くなられた方のご冥福と被災された方々へのお見舞いを改めて申し上げます。私たちには立ち上がる力があります。
しぶとくずぶとく再生のために生きましょう。

今日の暦は、1921年(大正10年)のこの日、宗教家であり思想家、社会運動家であった内村鑑三が、横浜を訪れたエピソードを紹介します。

内村鑑三
 
内村鑑三(北方資料室)

1921年(大正10年)頃がどのような社会情勢の中にあったのか?
1919年に人類史上はじめての世界大戦がドイツの降伏により終わります。
1914年に始まった大戦では、欧州だけではなくアジア、アフリカ。太平洋でも列強の植民地、租界等で戦争が行われ多くの犠牲がでました。この時、日本は日英同盟に基づきイギリス・フランス・ロシアを中心とする連合国側に立ち、皮肉にも1914年8月15日ドイツに勧告を行い23日にドイツに宣戦布告(参戦)することになります。
主な戦場は中国大陸でしたが、地中海にも艦船を出しドイツ海軍と戦闘を行っています。
日本は戦勝国側となり、戦勝賠償の一つとしてドイツの大型汽船「カツプ・フイニステル号」(後の大洋丸)を貰い受けます。15,000t級サイズの汽船は当時日本最大級で、太平洋航路就航のために横浜港にその姿を見せたときは、多くの見学者が訪れました。


その見学者の一人が晩年の内村鑑三(60歳)で、1921年3月11日に横浜を訪れますが、ただ物見遊山に横浜へ行くのももったいないと考えたのか教え子が初代校長として奮闘している学校を見学に出向きます。
内村が訪れたのが1919年三春台に開校した“話題の学校”「私立中学関東学院」の新校舎です。
日記には野毛山のつづきとありますがどのルートから学校を訪れたかは不明です。
(桜木町からだと野毛山経由が近い)

野毛山から関東学院を望む

話題の学校”というのは、当時の宗教教育への圧力に抵抗したからです。

関東学院設立の少し前の1899年8月3日発令の「文部省訓令第12号」という宗教教育に一定の圧力をかけることができる法令に対し、関東学院は認可校の特権を敢えて棄てます。
反骨の内村鑑三としては、良くやった!
とエールを送ったのではないでしょうか。
この時、第一回入学式に初代学院長坂田祐が語った「Be a man and serve the world(人になれ、奉仕せよ)」はその後の関東学院の校訓となります。

最後に311に因んだ話を一つ。
関東大震災から半年後の1924年3月10日、関東学院中学部第一回生の卒業式が行われました。その時初代学院長坂田祐は卒業生に訓示を贈ります。
「貧乏になってもよい、この世の事業に失敗してもよい、人生観の基礎を確立して価値ある生涯を送らん事を淳々と説かれ、真の人、真の奉仕者こそ、人生の真の勇者である事を強調し、若き卒業生の魂をゆすぶられた。」と記録されています。

震災後に建った関東学院中学校旧本館はJ.H.モーガン設計による名建築で、横浜市認定歴史的建造物となっています。

3月 10

No.70 3月10日 310

本日は何も申し上げません。横浜三塔物語の日です。
詳しくは関連サイトをご覧ください。
Wiki
みなとみらい線

冬でないと三塔見ることができないかも?

◎簡単に三塔の紹介
神奈川県庁本庁舎「キングの塔」
昭和初期に流行した帝冠様式
外壁のスクラッチタイル貼りと中央の高塔が特徴的
設計者 小尾嘉郎、神奈川県内務部
竣 工 1928年(昭和3年)
施 工 大林組
見 学 一部可能

横浜税関「クイーンの塔」
イスラム風の塔、ドームがシンボル
設計者 大蔵省営繕管財局工務部
竣 工 1934年(昭和9年)
施 工 戸田組
保存改修 2003年(平成15年)10月
見 学 公開エリアのみ

横浜市開港記念会館「ジャックの塔」
辰野式フリークラシックとよばれる様式
基本構造設計  福田重義、山田七五郎、佐藤四郎
施 工 清水組
竣 工 1917年(大正 6年)開港記念横浜会館
名称変更 1959年(昭和34年) 横浜市開港記念会館
1989年(平成元年)ドーム屋根等が復元
2001年(平成13年)補修、復元 再開館
見 学 使用されていなければ可能

開港記念会館夜景
開港記念会館夜景
三塔に因んで商品化されたもの
崎陽軒の2011 三塔弁当
今年の三塔弁当
ティバッグセット
手拭
キングとクィーンのカレーとハッシュドビーフ
モンテローザの三塔に因んだお菓子詰め合わせ
3月 9

No.69 3月9日 事業失敗鐵道、横浜線物語

東神奈川から八王子まで走るJR横浜線(全長42.6km)は鉄道の中でも超黒字路線の一つです。ところが横浜線はかなり長い間赤字路線でした。この横浜線、神奈川を南北にシルクロードを走り抜ける産業鉄道として1904年(明治37年)のこの日、横浜線の前身となる「横濱鐵道(株)」が設立されました。

mms_P3080035

横浜線(東神奈川と八王子を結ぶ路線)は横浜港に群馬山梨から絹や物資を運ぶ貨物線として横浜商人が渇望していました。ところが、鉄道は国家政策であり、事業家にとっても熾烈な投機合戦の場でした。明治の鉄道王と呼ばれた雨宮敬次郎と横浜商人グループは、山梨群馬を結ぶ鉄道路線で熾烈な競争を行いますが、雨宮の甲武鉄道計画に破れます。
雨宮が半歩先にこの計画を進めることで、八王子と横浜を繋ぐ計画は政府から許可が中々下りません。明治19年(現在の南武線ルート)武蔵鐵道計画を誓願しますが却下されます。その後何度も計画が持ち上がりますが、中々具体化しません。
明治26年になって東神奈川と八王子を結ぶ路線を横浜商人が路線敷設免許申請します。その後5回目の申請が行われ明治35年、ようやく許可になります。本社を東神奈川(現在の横浜市神奈川区、横浜線の起点)におき、発起人40名で資本を募り4万6千株、994名の株主によって横濱鐵道株式会社が1904年(明治37年)の今日3月9日に設立されることになります。

yokohamasentimetable

ところが、物事にはタイミング、時流、先見性が大切です。すでに絹の鉄道貨物はほとんど東京経由で運ばれていました。横浜鐵道、開通したは良いが、殆ど赤字というありさまでした。さらに最初から単線で計画したため、融通が利かなくなります。鐵道の投資に関しては、横濱商人よりも雨宮啓次郎が一枚上手でした。雨宮の甲武鉄道は基幹路線として政府が買い上げられます。彼はかなりの利益を得たといいます。
ということで横浜線は逆に赤字で経営が破綻寸前までになり、結局国に吸収され国有鉄道となります。

mms_P3090040

戦前から戦後まで「ボロ電」と言われた時期もあるほど、ローカル線の道を歩みますが、高度成長期から沿線の宅地化が徐々に進み利用客が増加しますが単線で増発できない殺人ラッシュ電に変身します。
1967年からようやく輸送力増強のための複線化工事が順次行われ、1988年に全線が複線化されました。1998年から10年間、土曜・休日に横須賀線に乗り入れ逗子駅までの直通電車が運行されていたことは意外に知られていません。横浜と松本を結ぶ「はまかいじ」も同時期に始まりましたが、これは現在も臨時電車扱いで継続しています。(昨年は少し走っていましたが今年は???です)

現在最大のネックは「東神奈川駅の不便さ」です。ラッシュ時の根岸線と横浜線の乗客が入り乱れる混雑状況は利用者が増えれば増えるほど厳しい状況になっています。

mms_P3080036
mms_P3080037
mms_P3080038

※余談
3月9日は(鉄道の父)エドモンド・モレルが横浜に到着した日でもあります。

3月 8

No.68 3月8日 禁酒の勧めに横浜バンド活躍

私、禁煙しましたが今だ禁酒にはほど遠い日常生活です。
痛飲で後悔しきり、禁酒にまで心が動きません。
そんな立場で紹介するのも何ですが、日本の禁酒運動は明治時代、横浜から始まりました。
日本の禁酒運動の強い後押しとなったのが三人のアメリカ人女性の来日でした。
Mary Greenleaf Clement Leavitt (1830–1912) 夫人、Jessie A. Ackermann(1857〜1951)女史らの活動です。中でも旅行家でジャーナリストだったAckermann女史の演説活動は日本人に響いたようです。
1890年(明治23年)の今日、「横浜一致教会」(現在の横浜海岸教会)で彼女は「禁酒」の勧めを演説しました。

P3179423
開港広場、開港資料館に隣接

最近、コンビニや居酒屋で未成年の飲酒禁止が厳格になったことをご存知ですか?
WHO勧告にようやく(日本にありがちな)重い腰を上げ始めた結果です。
日本は残念ながら未成年飲酒と児童ポルノに甘い国というレッテルが貼られています。
若干方法がせこい感じもしますが…。

P7011444
写真と内容は関係ありません

禁酒運動と女性参政権といえば、ドラマ「ボードウォーク・エンパイヤ」に描かれた1920年代の禁酒法時代が有名ですが、アメリカでの禁酒運動は19世紀後半から始まります。女性の地位向上運動(禁酒と参政権)として多くの女性活動家が生まれました。ベースにはプロテスタントの布教活動がありますが、単に宗教の枠に収まる話しではありませんでした。その中に、基督教婦人矯風会( Woman’s Christian Temperance Union (WCTU) )のメンバーAckermann女史がいました。
舞台を幕末明治維新の横浜に移します。
1873年(明治6年)横浜の居留地で外国人船員に向けて禁酒会が開催されます。
江戸時代、酒造りが酒株によって新規参入と製造量の面から規制されていた日本ではあまり禁酒に関心がありませんでした。飲酒による社会問題が生じてきたのは、日本政府が酒造の免許化(だれでも酒が造れる)と酒税徴収(戦費調達)を安易に行った以降のことです。

急激に高度数のアルコール飲料が普及すれば、飲酒による社会問題が生じるのは当たり前のことで、外国人が宗教上の理由だけで禁酒が日本に広まることはありませんが、すでに巷では飲酒問題が起っていました。
この頃、Yokohama Bund(Bandではありません)と呼ばれた青年たちがいました。アメリカ・オランダ改革派から派遣された宣教師、J・H・バラが1872年に創立した横浜一致教会(今の横浜海岸教会)に集った青年たちです。
※下記参照 彼らの布教プログラムの一つに『禁酒』がありました。
このYokohama Bundの日本人メンバーの一人に奥野 昌綱という日本人牧師がいました。
彼が日本人による禁酒会を横浜で1875年(明治8年)に初めて開催しますが、盛り上がらずすぐに解散します。
前にも触れたように1871年(明治4年)に新規免許料十両と免許税五両、販売額の五分に相当する酒税を支払えば、誰でも自由に清酒が造れることになります。それまで一般庶民は自宅で簡単に造るいわゆる「どぶろく」が飲酒スタイルでした。度数も低くしかも保存がききません。それが、清酒の登場で、一年中高アルコール飲料を大量摂取できるようになります。
しかも年齢制限がありませんでしたから、未成年に悪影響を及ぼしたことは当然の結果です。外で働く男達の飲酒によるDVも表面化してきました。
Ackermann女史は「横浜一致教会」でこの点を強く問題視し「禁酒」を訴えたのです。
このとき、奥野 昌綱牧師67歳、会場の一角でこの講演に耳を傾けていたかどうかは定かではありませんが、次第に高まりつつあった日本の禁酒運動拡大の大きな力となります。
また宗教を越えて、仏教会でも多くの禁酒会が全国で組織されます。
その後、未成年の飲酒禁止法案は10年に渡って提出され1922年(大正11年)第44回帝国議会でようやく可決制定されます。この法案を巡っては議場封鎖や小競り合いの末、強行採決されたという経緯があります。

※横浜バンド
バンドとは築堤・埠頭を意味する “Bund” に由来します。「外灘」「外国人の河岸」を意味し上海では外国人租界を表しました。
1859年10月、アメリカ改革長老派教会のJ.C.ヘボン夫妻と1859年11月に米国オランダ改革派教会のS.R.ブラウンが神奈川湊に、同じくオランダ改革派の1861年11月にJ・H・バラが横浜湊に来日します。当時日本はキリスト教が禁止されていたために租界(居留地)以外での伝道ができませんでした。彼らはまず、日本語を習得し英語や医学の塾を開き、多くの日本人青年を教育しました。この中心メンバーのことを横浜バンドと呼びます。

※3月10日は横浜海岸教会の創立記念日
横浜一致教会とは宗派を越えた教会という意味で、明治期、日本という異郷の地で宣教師たちは宗派を超えた教会を目指しました。現在の日本キリスト教会・横浜海岸教会です。
創設は1868年5月、この場所に石造りの小会堂が建設されました。1872年3月10日、J.H.バラによって篠崎桂之助以下9名の受洗が行なわれました。同日、既に他所で受洗していた2名を加え、11名で日本基督公会を設立し、バラが仮牧師となり、小川義綏が長老、仁村守三が執事に就任しました。この日が横浜海岸教会の創立記念日となっています。(横浜海岸教会HPより

※奥野 昌綱
「日本の牧師、横浜バンドの中心的メンバーの一人。文語訳聖書の翻訳や日本賛美歌のために大きな貢献をした。
1872年に奥野の女婿の友人小川義綏の誘いでヘボンの日本語教師になった。8ヶ月間ヘボンの助手として『和英語林集成』第二編の編集を手伝った。ヘボンが上海に出張すると、S.R.ブラウンを助けて、1872年に始まった文語訳聖書の翻訳に際して協力者になった。」

※明治時代は外国人女性も大活躍
イザベラ・バード
(Isabella Lucy Bird, 結婚後はIsabella Bird Bishop夫人, 1831〜1904)はイギリスの女性旅行家、紀行作家。明治11年5月横浜に上陸し、東北地方や北海道、関西などを旅行し、その旅行記”Unbeaten Tracks in Japan”(邦題『日本奥地紀行』『バード 日本紀行』)の中で「微笑みの国の物語」日本を描いた。
No.470 パーセプションギャップを読む

No.470 パーセプションギャップを読む

エリザ・ルハマ・シドモア
(Eliza Ruhamah Scidmore,1856〜1928)は、米国の地理学者、文学博士、ジャーナリスト、写真家。女性として初めてアメリカ国立地理学協会の理事で、東洋研究の第一人者。横浜から運ばれた、ポトマック河畔の植桜に尽力したことで知られる親日家である。
エリザ・ルハマ・シドモアが執筆したナショナルジオグラフィックマガジン』1896年9月号で明治三陸地震津波を報じた記事”The Recent Earthquake Wave on the Coast of Japan”が、英語文献において、Tsunamiという語が使われた最古の例とされている。

このテーマは、課題が重層していてうまく整理されていません。継続して追跡、咀嚼したいと考えています。
ご容赦ください。

3月 7

No.67 3月7日 教育会館にて夜露死苦!

横浜の歌といったら何を思い出すでしょうか。
市民の投票数なら「横浜市歌」が一番かも知れません。
戦後に限定すれば岡晴夫から始まり、最近はクレケンまでその数は1,000曲を超えでしょう。(正確ではありません)
数々あるヨコハマを歌ったミュージシャンの中で、横浜をブループ名に使い日本を制覇したのが唯一「横浜銀蝿」です。校内暴力盛んなりし頃の1981年(昭和56年)のこの日、二日間にわたって横浜教育会館でデビューコンサートを敢行!夜露死苦!

現在の教育会館

※ 潮のかほり
http://www.youtube.com/watch?v=PzhSrCyu4Oo
※ 横須賀Baby
http://www.youtube.com/watch?v=mgtHemQuNLU&feature=related
※ ぶっちぎりRock’n Roll
http://www.youtube.com/watch?v=KwYqnDNbG-g
※ ツッパリ High School Rock’n Roll 登校編
http://www.youtube.com/watch?v=ja99Uy3BNDU&feature=related
あの「横浜銀蝿」が紅葉坂のあの「教育会館」でライブというだけで、この頃はある意味、良い時代だったのかもしれません。
リーゼントの髪形にサングラス、ライダー革ジャン、白いドカン(ズボン)という独特の服装だけで、世のPTAは驚愕したはずなのに、だれが仕組んだのか調べてみたいものです。ご存知の方ありましたら教えてください。
確かにこの頃、教育現場も世の中も荒れていました。金属バット事件、官公庁不正続発、KDD事件、自民党40日抗争、三和銀行オンライン詐取事件、ローキード事件など不毛な事件が多発する中、中学校が荒れる校内暴力がピークに入っていた時代です。私も校内暴力盛んなりし時期に営業で学校周りをしていたことありました。教室の窓ガラスにテーピング、職員室に鍵という学校もありました。

「横浜銀蝿」は苦難の道を歩んだ音楽グループです。
「横浜銀蝿」は1979年(昭和54年)に嵐、翔、Johnny、TAKUの4人で結成されました。
正式には「THE CRAZY RIDER 横浜銀蝿 ROLLING SPECIAL」ですが一般的には「横浜銀蝿」で有名になりました。嵐(らん)が1955年生まれで最年長でリーダー格、弟の翔とJohnnyが1958年生まれの県立柏陽高校同級生、TAKUが1960年生まれでデビューは20代前半という遅咲きのグループでした。
36回のオーディションに落ちたという勲章付きの落ちこぼれから始まった「横浜銀蝿」はメンバーの薬物使用事件、解散、再結成という試練を越えて現在も活動を続けています。
「横浜銀蝿」公式サイト

当時、なめ猫、正式名称は「全日本暴猫連合 なめんなよ」のヒットも「横浜銀蝿」と相乗効果があったかもしれません。
(余談)
※弟の翔とJohnnyが通った県立柏陽は、元日本軍の第一海軍燃料廠で駐留軍が接収した「大船PX」の跡地に建ちました。
校舎の一部として第一海軍燃料廠の施設を改修して用いていたそうです。キャロルのギタリスト内海利勝も柏陽出身です。

3月 6

No.66 3月6日 ラーメンがなくなる日

ラーメンは一世紀の時間を経て日本食になりました。大正時代に全国各地に広がり始めた「支那そば」「中華そば」は戦後になって、一気に華開きます。全国津々浦々、1ジャンルでこれほどに多様性のある食が現在も成長しているのは「ラーメン」だけではないでしょうか。
1994年(平成6年)のこの日、新横浜ラーメン博物館がオープンしました。
新横浜ラーメン博物館公式サイト

外観
以前大雪のとき訪問

ラーメンは日本食からさらに国際食として世界に「日本のラーメン」として伝播しつつあります。戦後の食文化を大きく変えた「ラーメン」の名は昭和33年に発売された日清の「チキンラーメン」の登場が大きく影響します。インスタントラーメンの大ヒットが、ご当地ラーメンの誕生のベースと成りました。
このインスタントラーメン文化の創造会社「日清カップヌードルミュージアム」も横浜に登場し、横浜は麺食の聖地になりつつあります。

新横浜に登場した「新横浜ラーメン博物館」(ラー博)は、オープン当時驚きを持って迎えられました。私もオープン一ヶ月後くらいに並んで入場して以来、のべ10回程度ですが思い立ったらラー博に向かっていることもありました。
まず驚いたのが、ラーメンを食べるのに入場券を買うことでした。(現在は入場料300円です)しかし全国のラーメンを一カ所で食べられる交通費と考えたら良いかなとそれほど抵抗無く入場しました。(年寄りにはかなりブーイングでしたが)入館してまず驚くのが館内のシカケです。ラーメンという名が全国区となった昭和33年「チキンラーメン」時代を再現した街がそこにありました。このコンセプトは今でこそ昭和レトロブーム“ALWAYS”などの成功がありますが、オープン当時40歳以下は異次元だったのではないでしょうか。

昭和33年を再現
2月2日から気仙沼カモメ食堂が復活を目指して出店

この昭和33年時代を再現した街並を「ラー博」は変えていません。ぶれていないということです。確かに数回入場した時に“まだこれ”と感じたことも事実ですが、その後時々の入場でしかありませんが仲間を連れて行く時の「コンシェルジュ」になっている自分がいます。

5年前?ごろのラー博

ラーメンをテーマにしたフードコートは全国に15以上も出現しました。街ぐるみでご当地ラーメンを開発しているエリアもあります。ラーメン文化がさらに成熟化すればするほど「ラー博」の存在が際立ってくるでしょう。頑張って欲しいと思います。
新横浜には他に観光施設が無いのが残念ですが、最近では世界各地からわざわざ「ラー博」を訪れています。

6カ国語パンフ

「新横浜ラーメン博物館」館長の岩岡さんは、ラーメンの画一化に危機を感じていると自著「ラーメンがなくなる日」で述べています。80年代以降ラーメンはメディアと融合し大ブームを起こしました。もうブームは去り、原点の郷土食にもどりつつあります。
カレーミュージアムは失敗しましたが、ラー博は常にラーメン世界の灯台になって欲しいと思います。
※余談
ちょっと苦言 一階の売店はどうにかなりませんか?レイアウトがその都度変わるのは構いませんが買いにくいのです。商品陳列、展開にもう少し本腰を!?

マイラーメン購入しました
かもめ食堂のミニです
つけ麺の登場しました
箸休めに喫茶も良いね
なつかし!レーシングカーだ。
外国人はコスチウム撮影が大好き 法被も人気ですよラーメンハッピ作っては?
3月 5

No.65 3月5日 サルビアホール一周年(改訂)

鶴見区民の花サルビア(平成3年11月15日制定)から付けられた区民文化センター「サルビアホール」が2011年(平成23年)の今日、オープンしました。

zu
イメージ図(鶴見区役所)

鶴見区民文化センター「サルビアホール」はHPによれば「鶴見区をひとつの「国際社会」と見立て、区民の交流を目標とした、「Inter-Tsurumi(インター・ツルミ)」をスローガンに掲げ、区の中心部に新しく誕生する鶴見区民文化センターを「文化を通じ、鶴見区民をつなぐ交流拠点」と位置付けて運営にあたります。」とのこと。
場所はJR「鶴見」駅東口と「京急鶴見」駅に挟まれた一帯で鶴見駅東口地区第一種市街地再開発事業、通称「シークレイン」と呼ばれている複合施設(マンション、ホテル、公共施設)の中にあります。「シークレイン」そのものは、2010年10月にグランドオープンし、半年遅れてのオープンです。「シークレイン」の名は、鶴見の「鶴」の英語表記「CRANE(クレイン)」と、海の「SEA」を組み合わせた造語です。

soto
(実際写真)まあイメージ通りに完成しています。

鶴見の駅ビル「つるみカミン」は老朽化により2008年9月に閉館し、「シァル鶴見」が2012年秋の開業予定で鶴見駅前も東西に加え、商業的にも激戦区となりそうです。
この区民文化センターについてちょっと調べてみました。
現在市内に8館あり、2館が25年秋オープン予定です。しました。
横浜市鶴見区民文化センターサルビアホール

横浜市神奈川区民文化センターかなっくホール

港南区民文化センターひまわりの郷

旭区民文化センター「サンハート」

磯子区民文化センター「杉田劇場」

栄区民文化センターリリス

泉区民文化センター「テアトルフォンテ」

青葉区民文化センター「フィリアホール」

・戸塚区民文化センター(平成25年秋開館予定)
現在愛称投票実施中だそうです。
1.カシオン
2.さくらプラザ
3.トツカル
4.トッカーレ
→決定しました。

戸塚区民文化センター
http://www.totsuka.hall-info.jp
さくらプラザ

・緑区民文化センター(平成25年秋開館予定)
→決定しました。

緑区民文化センター
みどりアートパーク

横浜市は18区ありますから、残り8区は?どうなるのでしょうか。
中区は市民ホール「関内ホール」がありますので、のこり7区です。
西区は みなとみらいホールがありますね。
南区、港北区、瀬谷区、保土ケ谷区、金沢区、都筑区
そもそも区民文化センターの役割ですが、
横浜市区民文化センター条例というのがあります。
第1条 地域に根差した個性ある文化の創造に寄与するため、横浜市に区民文化センター(以下「センター」という。)を設置する。
とあります。
基本、音楽ホールということらしい。
各区にはコンサートを開く施設といえば公会堂が18区にあります。
この公会堂も横浜市公会堂条例というものがあって、
第1条 市民の集会その他各種行事の用に供する目的をもって、公会堂を次のように設置する。
基本は「講堂」が設置されていますので、この講堂の出来によるのか?南区、港北区、瀬谷区、保土ケ谷区、金沢区、都筑区の公会堂が気になる所です。
中区は公会堂という名称ではなく「開港記念開館」が中区公会堂です。
※余談
横浜市には公民館という名称の施設がありません。
全国では大阪市と横浜市だけです。

3月 4

No.64 3月4日 日本初の外国元首横浜に

1881年(明治14年)3月4日。
世界一周の途中、ハワイ王国最後の国王、カラカウアが横浜港にやって来ました。

上陸の際、カラカウア王自身作詞のハワイ王国国歌(現在のハワイ州歌)「ハワイ・ポノイ」を日本の楽団が演奏し、彼を国賓として歓迎しました。
カラカウア王はいたく感激し、それからハワイと日本の交流が始まりました。
日本からハワイへの移民が数多くこの横浜港から旅立って行きました。横浜とハワイはとても深いつながりがあるのです。

カラカウア王

今日はこの引用で全て!でおしまい。
ではちょっとさぼり過ぎなので上記に修正と情報を加えさせていただきます。
ハワイ王国と日本との間には幕末
1867年に日布親善協定が締結されています。
意外と早い時期に外交関係を結んでいます。
※この頃、ハワイは独立国でした。
1881年(明治14年)3月4日早朝、
世界一周の旅に出たハワイ王国国王カラカウアが最初の訪問国日本(横浜港)に入港しました。
記録によると相模湾から見る富士山がとても奇麗だったそうです。
日本史上初の国家元首来日に際し、日本国政府は儀仗兵を乗せた船が国王一行を乗せた「オーシャニック号」に接舷し最高儀礼の礼砲21発で出迎えました。さらに上陸の際には、カラカウア王自身が作詞したハワイ王国国歌(現在のハワイ州歌)「ハワイ・ポノイ」を軍楽隊が演奏し、カラカウア王はいたく感激したそうです。
カラカウア王一行は一切訪問を日本国に連絡せずハワイを発っていましたが、
日本政府は万全の準備でハワイ国王一行を歓迎したそうです。
実は、
駐サンフランシスコ日本総領事が欧州経由で電信を使って訪問予定を伝えていました。
(欧米とは明治4年から電信が可能でした)
到着の知らせを受けた日本政府は、事前にアメリカ公使のアドバイスを受け、歓迎の準備を進めたようです。上陸の際演奏されたハワイ王国国家の楽譜を用意したのが日米航路開設時(1867年)に横浜に赴任していたPacific Mail SteamShip Co.太平洋郵船の社員アーウィンです。
「1月24日 西へ新たなフロンティアへ」参照
彼はハワイ王国国歌の楽譜をどうやって用意したのでしょうか?
現在のようにファクシミリなど画像通信技術の無い時代です。機会があれば調べてみたいテーマです。
可能性はアメリカ領事館とか船舶会社にあったのかもしれません。
ハワイ王国連絡事務所みたいな存在もあったようなのでそこと連絡をとったのかもしれません。
上陸したカラカウア王一行は、伊勢山離宮(現在の西区宮崎町)に招かれ政府要人による歓迎式典に出席します。夜には花火が打ち上げられ、大変豪華なもてなしだったようです。

伊勢山皇大神宮のとなりに離宮がありました

伊勢山離宮はその後横浜正金銀行、東京銀行、三菱東京UFJに移り現在高級マンションが建っています。
翌日3月5日、カラカウア王一行は汽車に乗り東京へ移動し皇居で明治天皇に謁見します。東京では浜離宮に泊まり翌日から国内視察に向かいます。
16日に全てのスケジュールを終え、出国しその他の国を歴訪し母国ハワイに10月29日に帰国します。半年にわたる長旅でした。

このハワイ王訪日には後日談があります。
ハワイ国王は日本に大胆な提案をします。天皇家とハワイ王室を縁戚関係にしたいと申し出るのです。日本側はとても丁寧に断ります。
この話、アメリカ政府は全く知りませんでした。同行していたアメリカ政府担当者が激怒します。
これまで大国アメリカと弱小国ハワイ王国の独立を巡る駆け引きが行われてきた中で、カラカウア王はアジアに独立の活路を見出そうとしたからです。
このことで、ハワイを併合したいアメリカの意思を早めます。
カラカウア王が1891年に亡くなり妹のリリウオカラニが最後の女王になりますが、1893年1月にアメリカの介入によるクーデターが起き失脚、共和制となり 合衆国へと飲み込まれていきます。
最後の女王リリウオカラニが1878年、王女時代に作った悲劇の歌が有名な「アロハ・オエ」です。ハワイと日本は「ハワイ・ポノイ」と「アロハ・オエ」兄妹の歌で結ばれています。
Hawaii Ponoi
Aloha Oe
このクーデターの時、日本政府はどうしたかといいますと邦人保護名目で
東郷平八郎艦長の下、軍艦2隻「浪速」『金剛」をホノルルに2度急行させます。軍事介入を狙った米海軍艦USSボストンに威嚇を仕掛け一定の効果を与えたといわれています。
その後、この「浪速」「金剛」は日清・日露戦争に参加します。
そして半世紀後、ハワイで「筑波山が晴れる」ことはありませんでした。

(追加情報)20130302追記
日本とハワイ王国との間には1867年(慶應3年)に日布親善協定を締結して外交関係が樹立されました。
1868年(明治元年)には日本から民間の第1号移民団153名がハワイに渡りました。ハワイ移民および日本人の移民団のパイオニアである彼らは「元年者」と呼ばれています。
http://www.jomm.jp

■No.366 12月31日(月)パトリとネイション