日: 2013年12月12日

No.474 横浜を愛した船乗りの夢 明治の実業家達

No.474 横浜を愛した船乗りの夢

20世紀を迎えた1901年(明治34年)、 横浜港に一人のアメリカ人が降り立ちます。 彼の名はカール・ルイス(Karl Lewis) 船員として世界各地を航海している途中でした。 ルイスは富士の見える日本の風景と横浜の街に魅了されます。 早速、桟橋近くにある当時最新のライトホテルに逗留することを決め…