日: 2013年8月31日

No.466 19世紀の「ハゲタカファンド」 【資料編】

No.466 19世紀の「ハゲタカファンド」

長い間外国との交易が制限されていた日本が、 一気に開国へと舵を切ります。 外国事情は皆無ではなく、出島等を通じてかなり幕府関係者も理解していました。 【ミニミニよこはま】No.2 突然外交特区へ 徳川時代を「鎖国」とは最近表現しなくなりました。 ところが、残念ながら経済制度の専門家が通商条約に登場す…