第870話【絵葉書の風景】<年賀葉書>

2016年12月
年も押し迫ってきました。
年賀状の準備の季節です。 今回紹介する<絵葉書>は年賀状です。
発行年は 1915年(大正4年)
絵柄は この年の干支にちなんでウサギ達が楽隊を編成
大八車に農産物と果物を積んで賑やかに行進する絵柄です。
発信者は
「堀田忠次郎」「堀田隆治」の二名連名。
両名は
「開港五十年紀念横浜成功名誉鑑」に登場しています。 これを含めたいくつかの資料よれば、
慶応3年横浜萬代町に三忠合名会社を設立、ジャガイモ、玉ねぎ、蜜感、農産物、海産物を主に輸出入する会社として登場、一時代を築きます。
この年、1915年(大正4年)の年賀状にはもう一つ意味があったようです。
政界進出の準備だったのでしょうか
9月25日に行われた神奈川県議会議員選挙に
政友会から立候補、262票(次点)で落選しています。
落選で懲りたのか政界への立候補はこれだけのようです。
この時、政友会としてトップ当選は「新井清太郎」で352票でした。
現在の市役所前に「(株)新井清太郎商店」ビルが建っています。
貿易商”横浜三忠商店”を継承した企業が現在も事業を営んでいます。
株式会社 三忠
http://www.sanchu.co.jp/enterprise_domain/history.html

<年賀状>
年末に出し、正月にまとめて配達される年賀状
古くは江戸期に街道の整備がすすみ「飛脚」制度が充実する中、豊かになった町民・商人の間で「年賀の書状」のやりとりが新年に行われました。
今日のように<正月>に集中して賀状のやりとりが行われるようになったのは明治の郵便制度が整備されてからのことです。
<はがき>の登場によって、手軽に多くの人にメッセージを送ることができるようになり、爆発的に<年賀はがき>として利用されるようになります。
この現象は現在の<物流業界>の様相と似ていて、
年末数日に年賀を目的とした郵便の取扱量が急増・集中し流通がパンクします。
そこで制度として<年賀郵便>のルールを決めます。
ようは1月1日の消印に日本人はこだわったのです。郵便のルールは投函されたら順次配達していきますから、人々は消印付く年末ギリギリを狙った訳です。
1899年(明治32年)に
年賀郵便だけ 暫定的に普通郵便と分離します。
1906(明治39)年
そして、年賀特別郵便規則が公布され正式に法制化され現在に至ります。
翌年の
1907年(明治40年)から
「年賀」であることを表記すれば、郵便ポストへの投函も可能となります。
2017年は
年賀状制度110年目を迎えることになります。

Facebook Comments
tadkawakita
  • tadkawakita
  • 横浜の歴史にざくっと関心をもって15年です。本腰をいれて学び始めて5年となりますが、学べば学ぶほどに深くなっていきます。
    Y2345というキーワードを作りました。1923年〜1945年までの横浜を軸に「横浜史」を乱学しています。
    史実に出会ったら、できるだけ現在の地を訪れるよう努力しています。