月: 2014年6月

戦前観艦式資料 【資料編】

戦前観艦式資料

戦前18回開催された海軍 観艦式の簡単な一覧を作りました。 横浜港沖で九回開催されています。 式典日 式典名称 御召艦 場所 1 明治元年(1868年) 3月26日 軍艦叡覧 (陸上) 天保山沖 2 明治23年(1890年) 4月18日 海軍観兵式 巡洋艦「高千穂」 神戸沖 3 明治33年(1900…
No.640 6月12日(木)横浜茶業物語 【資料編】

No.640 6月12日(木)横浜茶業物語

今回でちょうど640話なので1000話まで360話 諸君、日本茶飲んでいますか? 飲料の近代史は世界史そのものです。国家間の戦争・政争が人々の飲料のし好を変えてきました。中国茶の味を知ってしまった欧州(英国)は、貿易赤字解消のためにアヘンを売り戦争まで起こします。米国独立のエピソードにボストン茶会事…
【しりとり横浜巡り】6月11日(水)イセザキ界隈その2 横浜事件簿

【しりとり横浜巡り】6月11日(水)イセザキ界隈その2

前回は関内と関外を結ぶ「吉田橋」を紹介しました。 関内馬車道から吉田橋を渡ると、目の前にイセザキが広がります。 【雑景シリーズ】イセザキ界隈その1 その1で終わっているので、 今日はミニイセザキストリートの楽しみ方2を紹介します。 イセザキは七丁目まであり少しずつ表情を変えます。たまには一丁目から七…
【横浜風景巡り】一文字バス停 横浜でバスツアー

【横浜風景巡り】一文字バス停

(追記版) 気がつかなければ“ただの風景”ですが、視点を変えれば新しい風景が見えてきます。 横浜駅西口バス総合案内盤 最近、バスを意識して利用するようになりました。一日乗車券も大量に購入し?!何時でも思った時に使えるようにと財布にストック! なんと(車内で買えるしICでも購入できるじゃない) これま…
YOKOHAMAxyについて 【資料編】

YOKOHAMAxyについて

界隈性ということばがあります。 辞書では“その”あたり一帯。のことを指し示すことばです。言い換えれば「付近」「近辺」「あたり」ですが、界隈には不思議な広さがあるので好きです。 私が界隈ということばを身近なものとして使いはじめて25年以上経ちます。パソコン通信のハンドルネームに「横浜界隈」と使いはじめ…
【しりとり横浜巡り】6月10日(火)吉田橋 横浜の橋

【しりとり横浜巡り】6月10日(火)吉田橋

1911(明治44)年→http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/?p=4877 前回紹介した三井物産ビルが建った1911(明治44)年、ビルの近くで市民垂涎のイベントが挙行された。新しい「吉田橋」の開通(渡橋)記念行事だ。 吉田橋といえば幕末開港時、江戸時代に架けられた…
No.159-2 6月7日(土) 三井物産ビル 【資料編】

No.159-2 6月7日(土) 三井物産ビル

開港場のある5つの都市は「もののはじめ」が大好き。 というか、お初好きは徳川時代の“江戸っ子”気質から? 真偽の程は専門家に任せるとして…。 今日は横浜開港場に現存する「お初」を一つ紹介しましょう。 日本初の鉄筋コンクリートビルディングが横浜にあります。 (正確には「日本初の鉄筋コンクリート製オフィ…
【横浜の河川】帷子川物語(3)河口めぐり 帷子川水系

【横浜の河川】帷子川物語(3)河口めぐり

(帷子川) 帷子川河口付近は都市に埋もれた街です。 横浜駅東西のビル群に囲まれ、かつて袖ヶ浦と呼ばれた入江が小舟で賑わった面影など微塵もありません。しかも幾度となく繰り返された埋立てで、入江は分断されどこが河口か判らない程、人口の水路に成り果ててしまいました。 それでも、分水路の石崎川や新田間川あた…