2月 5

【横浜雑学録】昭和21年地形図の謎

横浜関係の資料をこの数年収集しています。
歴史資料としては古書・絵葉書そして地図です。
現在手元に横浜エリアの地形図が何枚かありますが、
改めて 整理したところ 些細なことですが 気がついたことがありますので紹介します。
昭和21年発行の5万分1図名:「横浜よこはま」を8枚持っています。
一見して全て同じ地形図なので特に注目しなかったのですが、
中に表記の異なるものがあり 再確認することにしました。
発行年月まで同じで発行日と価格が異なるものが見つかったのです。
「国土地理院」によると
5万分1図名:「横浜よこはま」の昭和21年版について情報があります。
light_国土地理院「横浜」一覧リストでは昭和7年測量二修正版で昭和21年8月31日発行。
ところが「昭和7年測量二修正版昭和21年発行」でありながら
内容の異なるものが5種類もありました。
light_3円50銭 light_30日10円 light_30日15円その1
昭和21年8月30日発行 「地理調査所」版 定価10円と15円
その2
昭和21年8月31日発行 「内務省地理調査所」版 定価2円と3円50銭
その3
昭和21年8月31日発行 「地理調査所」版 3円50銭
注意書きにも微妙な違いがあるようです。
また地図右肩にある区分指定にも違いが!?
<発行所>
発行所は「内務省地理調査所」「地理調査所」の二種類
内務省地理調査所は終戦2週間後の1945年(昭和20年)9月1日付けで文民組織である内務省地理調査所が新たに発足し、1948年(昭和23年)1月1日に建設院(建設省)地理調査所となり1960年(昭和35年)7月1日に国土地理院となります。
※発行の月日が8月30日と8月31日の二種類あります。
<価格>
定価2円・3円50銭・10円・15円
次に改訂版が発行された昭和26年版までの5年間に組織や経済環境が急激に変化していることがこのデータからも読み取ることができます。
物価推移から調べてみると
昭和21年から昭和26年までの間に
(山手線初乗り)
20銭→50銭→3円→5円→10円
(鉛筆1本)
50銭→2円→5円→10円
(白米<農政米>価格)
36円→150円→357円→405円→445円→620円
1946年(昭和21年)2月に新円切替が行われました。
light_右肩境界確定 light_右肩境界未確定<区分>
神奈川県武蔵国・相模国
鶴見区・神奈川区の境界未定
地図本体の中身に違い! は?
鶴見区と神奈川区は1927年(昭和2年)10月1日に区制施行により横浜市に編入されますが、昭和期に急速に拡大した埋立て地の境界が未確定の時期の原図を使ったものだと推測できます。light_WV050027境界

この地図の元となったのが
<昭和7年測量二修正版>とあります。以降発行された
昭和21年まで戦争直前から戦中を経て、戦後最初の発行となったものが今回謎多き地形図です。
この昭和21年版、内容は昭和7年時点のままの部分が多数あります。細部まで確認していませんが、顕著な例は
鉄道路線の延伸時期です。
light_横浜駅関内駅あたり神中鉄道が横浜駅まで乗り入れていませんので1933年(昭和8年)以前、
湘南電気鉄道と京浜電気鉄道の<連結前>の図であることも昭和初期の時点ということが推測できます。
その他は?
根気強くエリアをチェックしますか    。

Category: 【資料編】, 京浜急行, 東急電鉄, 相鉄線 | 【横浜雑学録】昭和21年地形図の謎 はコメントを受け付けていません。