月: 2017年4月

第887話【大桟橋の風景】旅立ちの日 【資料編】

第887話【大桟橋の風景】旅立ちの日

空港は<そらのみなと>、 人類の歴史は<水の港>から始まりこの歴史の方が圧倒的に長いが、次第に<水の港>は遠くなっていく。 今でも船出には 今生の別れとなってしまうかもしれないという思いが漂うのは何故だろう。 だから見送りにも特別な感情が流れるのかもしれない。 そういえば最近 <旅立ちの見送り>が激…
第886話【横浜の記念式典】復興記念横浜大博覧会 【資料編】

第886話【横浜の記念式典】復興記念横浜大博覧会

■復興記念横浜大博覧会 ◎開催期間: 1935年(昭和10年)3月26日から5月24日 ◎開催会場: 山下公園を含む山下町一帯(約10万平方メートル) ◎開催内容: 「大正12年の関東大震災から立ち直った横浜市が復興を記念して産業貿易の全貌を紹介するため、山下公園約10万平方メートルを会場に開催した…
第885話【横浜の橋】都ぞ春 大岡川水系

第885話【横浜の橋】都ぞ春

開港時から明治期にかけて、横浜開港場界隈に架かる<橋>数数あるなか 知名度なら「吉田橋(派大岡川)」でしょう。 明治初期、開港場付近の橋といえば? 辨天橋・大江橋・前田橋・西之橋・谷戸橋・湊橋・豊国橋 他 居留地と外を結ぶ<関門橋>があり、多くが現存(架替えていますが)しています。 中でも吉田橋は、…
第884話【今日の横浜】4月2日リベンジ横浜! 【資料編】

第884話【今日の横浜】4月2日リベンジ横浜!

 万治2年2月11日(1659年4月2日) 横浜の原点となった「吉田新田」の第二回鍬入れ(再開)の日です。 旧暦では2月11日ですが、ここではネタ用に西暦を使わせていただきます。 実は 吉田新田干拓計画はさかのぼるところ 1656年9月5日 明暦2年7月17日に江戸の吉田勘兵衛が江戸幕府か…
第883話【時折今日の横浜】4月1日年度初め 【資料編】

第883話【時折今日の横浜】4月1日年度初め

4月になりました。“新”の多く付く時期です。 新学期、新入社員、新年度、新しい職場等。 4月1日は新制度や、新設の多い日なのでブログネタには困りません。 ここで 横浜の4月1日にふさわしいエイプリルフールネタ無いか? と探しましたが時間切れ。 ということで 今日は「横浜誇張史」モトイ「横浜拡張史」に…
第882話【時折今日の横浜】3月31日 年度末 【資料編】

第882話【時折今日の横浜】3月31日 年度末

横浜港の軸「大さん橋」が竣工したのが 1894年(明治27年)の今日3月31日  最初は「鐵桟橋」とか「税関桟橋」と呼ばれました。 1932年(昭和7年)の3月31日  東急東横線「高島町駅〜桜木町駅間」が全通しました。 1978年(昭和53年)の3月31日  平和球場が「横浜スタジアム」に生まれ変…