横浜の橋

陸橋も含む

【横浜の橋】№1 絵になった跨線橋 横浜の橋

【横浜の橋】№1 絵になった跨線橋

道路をまたぐ橋を「跨道橋(こどうきょう)」、線路を跨ぐ橋を「跨線橋(こせんきょう)」、駅舎やホーム同士を連絡するために架けられるものを「跨線人道橋(こせんじんどうきょう)」と呼ぶ。この中で「跨線橋」が描かれている有名な絵が松本竣介の描いた「Y市の橋」である。この作品を世田谷美術館で観て以来この作品群…
【横浜の橋】№0 「2016年 横浜の『橋』」 横浜の橋

【横浜の橋】№0 「2016年 横浜の『橋』」

新年明けましておめでとうございます。 今年2016年は年間を通して幾つかのテーマに絞っていきます。 その一つが『橋』です。橋は川や谷、鉄道や海といった人が通れない場所を<繋ぐ>役割を持っています。橋をめぐる物語は深い味わいがあります。橋そのものの構造やデザインの面白さ、地域の繋がりなど地味で小さな橋…
震災と関内外 【資料編】

震災と関内外

「関内」という住所は無く開港時の居留地一帯を<関内(かんない)>と呼んでいます。 外国人居留地が治外法権であると同時に、外部と隔絶したエリアであったため、そこに関所を設け関所の内側と外側を表す地域名称として「関内」という名称が誕生しました。 開港後、「関内一帯」は外国人と日本人が日本大通りを中心に住…
【市電ニュースの風景】1931年 №19 【資料編】

【市電ニュースの風景】1931年 №19

目下1930年代の短期間に発行していた「市電ニュース」の風景を読み解いています。1931年(昭和6年)5月 九日 横濱高工對日大野球戦(午後二時半横浜公園球場にて) 九日 春季體育大会(電車及バス市役所前下車) =午后六時半より常磐町YMCA体育場にて 入場歓迎= 9日 日本ロータリー大会、開港記念…
【横浜絵葉書】弁天橋の日米国旗 横浜の橋

【横浜絵葉書】弁天橋の日米国旗

ここにある一枚の絵葉書には、弁天橋に大きなモニュメント(ゲート)が建てられ、日米の国旗が飾られています。上にはWELCOM 下には 「BANKERS & MERCHANTS YOKOHAMA」という看板が掛かっています。 横浜の商工会こぞって歓迎 という感じでしょうか。 位置的には、初代横浜…
No.702 【横浜バスめぐり】バス停に見る街の記憶 横浜でバスツアー

No.702 【横浜バスめぐり】バス停に見る街の記憶

地名からその土地の歴史を読み解くことができますが、バス停の名からもその土地の様子がうかがえることがあります。その時々の土地の記憶が「バス停」に残されたケースを追いかけてみましょう。 まずは市内には失われた(暗渠化した)川に架かっていた「橋」の名からいきましょう。 ■名残橋 「阪東橋」「横浜橋」「千歳…
No.699 【横浜 失われた風景】ある総菜店 横浜の橋

No.699 【横浜 失われた風景】ある総菜店

1990年代、戸部駅近辺に事務所があって良く買った総菜店があります。 当時は写真なんて考えていなかったので記録はありませんが、魚のフライがめちゃくちゃ美味しいお店でした。 コンビニでライスだけ購入して総菜はここで揃えるランチに凝った時期もありました。 この店の名は「たかさご亭」。国道一号線沿いにある…
No.698 【横浜 橋物語】幻の橋?、吉田橋。 未分類

No.698 【横浜 橋物語】幻の橋?、吉田橋。

「橋」の定義はなんだろう? 「人や物が、谷、川、海、窪地や道路、線路などの交通路上の交差物を乗り越えるための構造物である」 「河川・渓谷・運河などの上に架け渡し、道路・鉄道などを通す構築物。橋。」 「土木工学ハンドブック」では 「橋梁とは、道路、鉄道、水路等の輸送路において、輸送の障害となる河川、渓…
No.697 【一枚の横浜絵葉書】昔の絵葉書風景を読む。 横浜の橋

No.697 【一枚の横浜絵葉書】昔の絵葉書風景を読む。

戦前の絵葉書の役割は現在の絵葉書とは少し異なります。<観光>に加えて<ニュース性>のある絵葉書が多く発行されています。 今回は一枚の読み解きにくい<風景>を探索します。 「Yokohamashi Zenkei 横浜市全景」 <港>や<水際>の無い横浜の全景絵葉書です。あまりに場所がわかりにくい<風景…
No.693【一枚の横浜絵葉書】「露臺ヨリ萬国橋ヲ眺ム」 横浜の橋

No.693【一枚の横浜絵葉書】「露臺ヨリ萬国橋ヲ眺ム」

オークションで絵葉書を探している時、目に留まる一枚に出会うことがあります。この一枚に関しては、まず萬国橋に関心が行き、どうしようかなと迷う程度のレベルでした。 戦前の「萬国橋」が写っていますが、もう少し大きく「萬国橋」が写っているものを探そうと思いました。ところが、 「露臺ヨリ萬国橋ヲ眺ム」のタイト…