月: 2012年9月

No.256 9月12日(火)どこも本庁舎引越は大問題 横浜界隈・境界

No.256 9月12日(火)どこも本庁舎引越は大問題

本日から三日間、ハードな旅行のためちょっと異色のモードで行きます。 1959年(昭和34年)9月12日(土)の今日、 横浜市役所七代目新庁舎が現在の場所に完成、落成式が行われました。 もうこのアングルでは撮影できません。(大通公園から) 他市の事例はわかりませんが、横浜市役所本庁舎は何度か引越してい…
No.255 9月11日(火) 謎多き尾上町の女将 横浜に因んだ人たち

No.255 9月11日(火) 謎多き尾上町の女将

その女性は横浜を舞台に登場し、多くの謎を残した女傑です。 彼女の名は「斎藤 たけ」1837年(天保7年)江戸に生まれ、1910年(明治43年)9月11日の今日、横浜で73歳の生涯を終えました。彼女の墓は横浜市西区赤門町にある高野山真言宗「東福寺」にあります。 書きたいことが多くここでは何に絞ろうか?…
No.254 9月10日(月)わが国初のファミレス誕生 横浜はじめて物語

No.254 9月10日(月)わが国初のファミレス誕生

保土ケ谷バイパス上り車線(保土ケ谷陸橋あたり)から見える気になるレストランをご存知の方も多いのでは? 1969年(昭和44年)9月10日(水)の今日、「ハングリータイガー」本店(保土ケ谷)がオープンしました。 【1969年】創業の「ハングリータイガー」は、日本最初のファミリーレストランです。 一般的…
No.253 9月9日(日)子規、権太坂リターン 横浜に因んだ人たち

No.253 9月9日(日)子規、権太坂リターン

俳人正岡子規の人生は、35年の短い生涯でした。 彼は学生時代、進路に迷いながらも青春を謳歌していた 1885年(明治18年)17歳の年に始めて俳句に触れます。 そして9月9日の今日、 親友の秋山真之と無謀な徒歩旅行で東海道を夢中に歩き続け横浜で折り返します。 後半の短いが珠玉の人生が始まったのです。…
No.251 9月7日(金)リンディ夫妻の喜び 横浜に因んだ人たち

No.251 9月7日(金)リンディ夫妻の喜び

1931年(昭和6年)9月7日(月)に横浜を訪れたリンディ夫婦は熱狂的な歓迎を受けましたが、二人の人生は平坦なものではありませんでした。 日本を訪れたころが最も幸せな一瞬だったかもしれません。 1927年(昭和2年)に「スピリット・オブ・セントルイス」号で 大西洋単独無着陸飛行に初めて成功した空の英…
No.250 9月6日(木)やはり官僚には向かなかった? 横浜に因んだ人たち

No.250 9月6日(木)やはり官僚には向かなかった?

田口卯吉という人物をご存知ですか? 明治の言論人です。 1875年(明治8年)9月6日の今日、 田口卯吉、20歳の時「横浜毎日新聞」に「讒謗律(ざんぼうりつ)の疑ひ」(筆名を田口十内として)を投稿した日です。 逮捕者も出た当時の大蔵官僚在職中の事件でした。 現在ではごく普通な新聞メディアを使った考え…
No.249 9月5日(水)保土ケ谷駅周辺散策 (写真追加) 横浜の水辺

No.249 9月5日(水)保土ケ谷駅周辺散策 (写真追加)

今日は地域散策ネタでいきます。 横浜歴史年表に「1929年(昭和4年)9月5日久保町杉山神社の遷宮式が行われた」とありましたので、実際に久保町(現在は西久保町118)の杉山社(正式には?)に行ってきました。 遷宮式とは「ご神体を従前とは異なる本殿に移す儀式のこと」です。 杉山神社の主祭神は五十猛命(…
No.248 9月4日(火)坂の上の星条旗(後) 横浜に因んだ人たち

No.248 9月4日(火)坂の上の星条旗(後)

元米国18代大統領ユリシーズ・グラント一行が、 2年4ヶ月の世界一周旅行に出発し、最後の訪問国日本に到着したのが 1879年(明治12年)6月21日(土)長崎でした。 9月3日(水)横浜港から帰国の途に就くまでの約2ヶ月の間、ユリシーズ・グラント将軍は日本政府及び各地の大歓迎を受けます。 歓迎を受け…