★10月12日(金)番外編 10月12日もろもろ

■2012年10月12日の今日、野毛柳通りで恒例の「野毛流し芸 in 柳通り」(主催:野毛柳通り会)が行われました。
時間帯は18時30分〜21時
津軽三味線やアコーディオンの演奏等 通りを流す“芸”です。
風情ありますよ!!!
(写真は6年前の流し芸)

■日本新聞博物館
http://newspark.jp/newspark/
日本新聞博物館は2012年(平成24年)10月12日(金)に開館12周年を迎えます。
この日の入館は無料です。
建物「旧商工奨励館」も必見!
ドラマや映画でも良くロケに使われます!!!!

HPより
新聞博物館は日刊新聞発祥の地である横浜市に2000年10月にオープンしました。常設展示では、新聞の歴史や新聞がつくられるまでをご紹介するほか、企画展示室ではテーマに沿った展示を行っています。このほか、パソコンで新聞の製作体験ができる「新聞製作工房」や全国の主要紙を閲覧できる「新聞ライブラリー」も併設されています。また、新聞博物館がある横浜情報文化センターの8階には、放送番組を収集・保存して一般にも公開している「放送ライブラリー」が入居しているほか、近隣には横浜開港資料館をはじめとして多くの資料館・博物館があります。
新聞博物館が入居する横浜情報文化センターは、関東大震災の復興記念として建てられた商工奨励館を保存しながら高層棟を新築した横浜市の歴史的建造物です。周辺には、横浜開港50周年を記念して建てられた横浜市開港記念会館、神奈川県庁本庁舎など由緒ある建物もあります。

No.70 3月10日 310
新聞博物館は、秋に紅葉が美しい銀杏並木の日本大通りに面し、シーズンには歓声があがる横浜スタジアム、山下公園、大桟橋も徒歩圏内です。有名店だけでなく中小の個性ある中華料理店がひしめく横浜中華街も徒歩5分ほどのところにあります。

Facebook Comments
tadkawakita
  • tadkawakita
  • 横浜の歴史にざくっと関心をもって15年です。本腰をいれて学び始めて5年となりますが、学べば学ぶほどに深くなっていきます。
    Y2345というキーワードを作りました。1923年〜1945年までの横浜を軸に「横浜史」を乱学しています。
    史実に出会ったら、できるだけ現在の地を訪れるよう努力しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください