月: 2017年12月

第946話【横浜史の節目】後半 【資料編】

第946話【横浜史の節目】後半

1923年(大正12年)9月1日 関東大震災で横浜市域は多くの人命、財産を失います。 実質、東京より被災度が大きかった横浜は、帝都東京を復興するという最優先の下 独自の震災復興を目指さなければなりませんでした。 多くの企業が横浜を去り、港都の機能が麻痺、蚕・絹を中心とした貿易産業は壊滅状態となります…
第945話【横浜史の節目】 横浜絵葉書

第945話【横浜史の節目】

来年は明治維新150年にあたります。 横浜は開港159年。吉田新田完成351年。2018年を迎えるにあたり 平成30年 そして平成31年には 日本近代史上、初の穏やかな平成の終わりを迎える年となります。 ということで 改元についてちょっと整理しようと思ったら 以外に 手こずりました。 改元は何時行わ…
第944話 中世の横浜(2) 横浜の道

第944話 中世の横浜(2)

歴史上横浜市域における<いくさ>はあまり多くなかったようです。 中世期に 幾つか横浜の戦いがありました。 横浜の中世史に関心のある方に横浜の<戦場>は? と質問すると、 多くの方が挙げるのが、緑区の「小机城」と 神奈川区の「権現山」です。 さらに 御家人畠山重忠の終焉の地「鶴ケ峰古戦場(旭区)」を中…
第943話【今無い風景を読む】汽車道と北仲通の壁模様 横浜の水辺

第943話【今無い風景を読む】汽車道と北仲通の壁模様

1997年(平成9年)に開通した汽車道(開港の道)を渡る折、 開通直後の汽車道 桜木町駅から日本丸の脇に立つと、いつも気なる風景がありました。 帝蚕倉庫の壁に設置されていた「Panasonic」の光学ディスクをモチーフにした広告です。 それ以上にこの壁に這うツタの葉が描く<模様>に釘付けとなったこと…
第942話【謎解き】吉田橋広場 横浜の商店街

第942話【謎解き】吉田橋広場

今年は馬車道150年です。 1867年(慶応3年)に「吉田橋」から関内を通り抜ける広い道路が整備されたことに因みます。 この「吉田橋」から続く<広い通り>は地元の人たちに通称「馬車道」と呼ばれるようになり、その後区画整理を経て現在の「馬車道通り商店街」となりました。 この吉田橋を渡ると伊勢佐木町の繁…
第941話【路上観察】よこはま雨枡10景 【資料編】

第941話【路上観察】よこはま雨枡10景

横浜限定の路上観察を楽しんでいます。 路上観察には様々なテーマがありますが、 道路の<蓋>探しは横浜が最高!と勝手に思っています。 路上の蓋、一般的には丸型と角型があります。 角型消火栓 NTTハンドホール 港湾局丸型 昔は地下設備に人が入り点検や修理を行うための<穴>を人孔=マンホールと言いました…
第940話【最強の市長】有吉 忠一 【資料編】

第940話【最強の市長】有吉 忠一

現在、横浜市長は 第32代、20人目の林文子氏が就任しています。(2009年(平成21年)8月30日〜) 戦前は13代まで官選市長が市政を担当しました。 戦後は選挙で選ばれています。 戦前戦後を通じて 任期満了か、途中辞任によって市長交替となりました。 例外は在任中に亡くなれた市長が2名 16代「平…
第939話【番外編】横浜のクリスマス 幕末明治の横浜

第939話【番外編】横浜のクリスマス

以前、"クリスマスツリー"の歴史に関して少し調べたことがあります。 日本でクリスマスツリーが飾られたのはいつ頃か? 調べると意外に難しく、ネット上の出典なしネタが多くあり、本腰を入れて出典を調べる必要に迫られましたが、諦めました(笑)。 簡単にまとめると クリスマスツリーのルーツは諸説ありドイツから…
第938話【2017・年末ネタ】 横浜界隈・境界

第938話【2017・年末ネタ】

毎年12月師走ともなると、交響曲第九の公演とドラマ忠臣蔵が定番行事でしたが、近年時代劇不振で、再放送ばかりのようです。 「交響曲第九の公演」 「忠臣蔵=赤穂事件」 共に 横浜とも関係があるので年末ネタとして紹介しておきましょう。 「交響曲第九の公演」 https://www.youtube.com/…
第937話【市境を歩く】川崎市境0その2 横浜の道

第937話【市境を歩く】川崎市境0その2

■今回は川崎・横浜市境パート2 かつての日本橋を起点に横浜港に至る国道一号線、現在の国道15号線を越え いよいいよ「京浜運河」に入ります。国道15号線の市境には、恐らく大正時代に改修された時に建てられた<東海道>の道標がひっそり建っています。国道を越え、平安町(横浜側)と池田町(川崎側)を進み、市境…