6月 30

第896話【横浜の河川】大岡川物語(2)

(戦前の風景)
■大岡川に関係する戦前風景をピックアップしました。
横浜市内を流れる水系は 流域面積でランキングすると
大岡川は第四位です。

第一位は 一級河川 鶴見川水系 流域面積 235 km²(東京都含む)

第二位 二級河川 境川水系 柏尾川 流域面積 約84 km² ※境川は流域面積 210.69 km²

第三位 二級河川 帷子川水系 流域面積 57.9 km²

第四位 二級河川 大岡川水系 流域面積 35.6 km²
■今回、戦前の横浜市内を流れる<川の風景>を探そうとしました。
最も手軽に河川の風景が記録されている媒体は<絵葉書>でした。といっても
戦前の絵葉書には<大岡川下流域の風景>ばかりが圧倒的に記録されています。
理由は大岡川下流域が開港場として衆人の注目場所となったからでしょう。


■大岡川関連マイブログリンク
No.435 【横浜の河川】大岡川物語(1)
番外編「大岡川運河論」
第860話 RE name Yokohama 大岡川

Facebook Comments


Copyright 2017. All rights reserved.

Posted 2017/06/30 by tadkawakita in category "大岡川水系", "横浜の水辺", "横浜絵葉書

About the Author

横浜の歴史にざくっと関心をもって15年です。本腰をいれて学び始めて5年となりますが、学べば学ぶほどに深くなっていきます。
Y2345というキーワードを作りました。1923年〜1945年までの横浜を軸に「横浜史」を乱学しています。
史実に出会ったら、できるだけ現在の地を訪れるよう努力しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)