横浜の橋

陸橋も含む

第892話【ある日の横浜】東口「横浜ホテル」 【横浜の鉄道】

第892話【ある日の横浜】東口「横浜ホテル」

ここに在る日の横浜の風景写真があります。 横浜ホテル この写真は、かつて横浜駅東口にあった「横浜ホテル」と帷子川の風景です。 撮影年は確定できませんが昭和24年頃と推定しました。 東急電鉄がこのホテルを買収する直前か、買収後で改装前のものと思われます。 万里橋の上から国道1号線が通る築地橋方向を撮影…
第891話【横浜の橋】珍しいA ・B 橋 JR根岸線

第891話【横浜の橋】珍しいA ・B 橋

かつて大岡川には川の十字路がありました。 運河の交差点 大岡川下流域は吉田新田の干拓によって誕生した運河の町です。<灌漑水路>として中村川・派大岡川が生まれ堀川が作られ、明治に入って堀割川開削で磯子湾につながることで水運機能が高まります。 吉田新田 水田の吉田新田域が次第に宅地化・近代化していく過程…
第890話【横濱の風景】西之橋からみる風景 【資料編】

第890話【横濱の風景】西之橋からみる風景

ふと気がついた疑問をFacebookにアップしたネタですが、結構反応があり改めて確認してみると面白いのでブログアップします。 昔の絵葉書や地図を少しコレクションしていますが、 絵葉書とマップを比較することはほとんどありませんでした。 今回のテーマは 【中村川】横濱西ノ橋川岸雪ノ景 横濱の冬景色の絵葉…
第885話【横浜の橋】都ぞ春 大岡川水系

第885話【横浜の橋】都ぞ春

開港時から明治期にかけて、横浜開港場界隈に架かる<橋>数数あるなか 知名度なら「吉田橋(派大岡川)」でしょう。 明治初期、開港場付近の橋といえば? 辨天橋・大江橋・前田橋・西之橋・谷戸橋・湊橋・豊国橋 他 居留地と外を結ぶ<関門橋>があり、多くが現存(架替えていますが)しています。 中でも吉田橋は、…
第881話【時折今日の横浜】3月30日4mの背伸び 【資料編】

第881話【時折今日の横浜】3月30日4mの背伸び

1934年(昭和9年)3月30日 「横浜税関庁舎(クイーンの塔)竣工(横浜税関百二十年史)」 横浜三塔の一つで三塔の内で、昭和に竣工したのがクイーンと呼ばれる「横浜税関」です。設計は<横浜税関>によると 「吉武東里氏(国会議事堂も設計)と伝えられているが、詳細は不明」としています。 その他の資料の多…
第872話【市境を歩く】川崎市境1 横浜の橋

第872話【市境を歩く】川崎市境1

市境の基本は ・川筋 ・尾根筋 ・道路筋 ※横浜市境を歩くと横浜が見えます! 今回は川崎・横浜 市境その1 ポイント1 <川崎市下麻生3丁目> <青葉区寺家町> ●川筋 鶴見川の市境はごく一部です。 横浜市域の北部を流れ東京湾に至る<鶴見川>は一級河川ですが、市域を分ける”境川”となっているのはごく…
第867話 【明治の風景】横浜駅前公衆便所(加筆) 横浜の橋

第867話 【明治の風景】横浜駅前公衆便所(加筆)

初代横浜駅が開業したのは1872年6月12日(明治5年5月7日)考えてみれば、開港以来十数年で産業革命の象徴を導入したことになる。 わが国の鉄道発祥の駅舎は新橋駅と共にアメリカ人建築家、R・P・ブリジェンスが設計した。 ここに横浜駅前、鉄道開業後の写真に写る<謎>の建物を発見? 初代横浜駅前 明治2…
第864話 野毛界隈入門その1 【資料編】

第864話 野毛界隈入門その1

(プロローグ) 「野毛界隈入門」と題したのは私が<野毛界隈>について入門、体験の記録である。  この野毛の街を語るにはかなり勇気がいる。 この界隈を愛し、この界隈を語ったら止まらない大先輩から若手論客諸氏が手ぐね引いて構えておられるからだ。 私も野毛の近くに暮らし始めて十五年を越え、ぼちぼ…
第860話 RE name Yokohama 大岡川 【資料編】

第860話 RE name Yokohama 大岡川

(あらためて解説表現を考えてみる) 「大岡川」とは? こう尋ねられたときにどう答えるだろう? 一般的にはどう説明されているのでろう? 詳しくではなく 簡単にである。 てっとり早いのは<wikipedia> 「大岡川(おおおかがわ)は、神奈川県横浜市を流れ横浜港に注ぐ二級河川。上流の日野川と笹下川の合…
第856話 【絵葉書の風景】<ある日の弁天橋> 大岡川水系

第856話 【絵葉書の風景】<ある日の弁天橋>

1000話まで残り144話となりました。ここから少しスピードアップして950話まで飛ばします。ゴール50話はじっくり振り返ってみたいと思っています。 大岡川河口近くに架かる弁天橋はブログでも複数取り上げています。 今日は、横浜絵葉書を含め<弁天橋の風景>を紹介します。 <弁天橋>の名は開港時に横浜村…