横浜に因んだ人たち

第993話【一枚の絵葉書】根岸療養院 【資料編】

第993話【一枚の絵葉書】根岸療養院

根岸療養院 前回は中村石川にあった「横浜市中央教材園」の絵葉書から導き出された風景を紹介しました。今回も前回と同様の「一枚の絵葉書」から横浜史の一風景を読み解いていきたいと思います。 この【一枚の絵葉書】シリーズは、手元の絵葉書から、そこに写し出されている風景を読み解きながら関連情報を探っていきます…
第971話 白秋・白雨・柊二 【資料編】

第971話 白秋・白雨・柊二

今回は横浜との細い線を結びながら、一人の詩人を追いかけます。北原白秋。戦前の詩歌界を代表する北原白秋は母の実家である熊本県玉名郡に生まれ、江戸時代から続く柳川の商家で育ちました。彼が作った多くの詩の一編は今でも多くの人の記憶に刻まれています。神奈川の地にも暮らし、小田原・三崎での創作活動では精力的に…
第923話【横浜絵葉書】鉄桟橋の群衆2 幕末明治の横浜

第923話【横浜絵葉書】鉄桟橋の群衆2

前回、有栖川宮威仁親王が横浜港鉄桟橋を利用する記念絵葉書の画像を読み解いてみましたが時期を特定することができませんでした。 第922話【横浜絵葉書】鉄桟橋の群衆 http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/?p=10913 追加の資料を探していたところ、面白いことがわかって…
第897話 藤田雄蔵をめぐる物語 【資料編】

第897話 藤田雄蔵をめぐる物語

2015年11月5日Facebook掲載より転載・加筆・修正しました。 東京高円寺の古書店で一枚の絵葉書を購入しました。 「航研機」絵葉書 購入価格は200円。 一機の航空機が写っている戦前の絵葉書です。 今日はここで入手した昭和15年のスタンプがある航空機の絵葉書から辿る旅を始めます。 ■「航研機…
第864話 野毛界隈入門その1 【資料編】

第864話 野毛界隈入門その1

(プロローグ) 「野毛界隈入門」と題したのは私が<野毛界隈>について入門、体験の記録である。  この野毛の街を語るにはかなり勇気がいる。 この界隈を愛し、この界隈を語ったら止まらない大先輩から若手論客諸氏が手ぐね引いて構えておられるからだ。 私も野毛の近くに暮らし始めて十五年を越え、ぼちぼ…
第841話  田中光荘死す! 横浜に因んだ人たち

第841話  田中光荘死す!

1926年(大正15年)7月6日 「田中光荘が没した。(62歳)横浜新聞販売界に20余年尽力した(横浜歴史年表)」 今日はこの記事から、横浜・新聞というキーワードを追いかけてみます。 残念ながら「田中光荘」なる人物の資料は見つからずこの記事に関してはコメントできません。 新聞と横浜について少し紹介し…
第837話 正岡子規の7月2日 横浜に因んだ人たち

第837話 正岡子規の7月2日

正岡子規「墨汁一滴」  鮓の俳句をつくる人には訳も知らずに「鮓桶」「鮓圧(お)す」などいふ人多し。昔の鮓は鮎鮓(あゆずし)などなりしならん。それは鮎を飯の中に入れ酢をかけたるを桶の中に入れておもしを置く。かくて一日二日長きは七日もその余も経て始めて食ふべくなる、これを「なる」といふ。今でも処によりて…
第833話1936年(昭和11年)6月27日発禁! 【資料編】

第833話1936年(昭和11年)6月27日発禁!

1936年(昭和11年)6月27日の今日 横浜市出身の歌手、渡辺はま子の「忘れちゃいやヨ」が発売禁止となります。 https://www.youtube.com/watch?v=3OZl8OrajAk 作詞:最上洋 作曲:細田義勝 「月が鏡であったなら〜」 さてどこが発売禁止内容なのか? 文字通りの…
第829話 1936年(昭和11年)6月23日日本製鋼横浜製作所JSW 【資料編】

第829話 1936年(昭和11年)6月23日日本製鋼横浜製作所JSW

人を結ぶ点と線 ■1936年(昭和11年)の今日 「日本製鋼横浜製作所JSW」が金沢町泥亀に竣工・操業開始した日です。 日本製鋼横浜製作所の母体となった株式会社日本製鋼所は 1907年(明治40年)11月北海道室蘭にて 当時国防の要だった兵器の国産化を目的として英国と日本の共同出資により創業された兵…
第823話 1889年(明治22年)6月18日増田知 横浜に因んだ人たち

第823話 1889年(明治22年)6月18日増田知

1889年(明治22年)6月18日の今日 初代横浜市長に増田知(ますだ さとし)が就任しました。 Wikipediaにもほとんど情報が無いし、さらっと参考情報位の扱いにしておこうかな? と思いつつも調べ始めたら <やめられない> <とまらない>そして<まとまらない> ということで今日は初代横浜市長 …