日: 2014年7月29日

【横浜市電域考】1路面電車の時代 横浜の橋

【横浜市電域考】1路面電車の時代

かつて横浜市電が走っていたエリア「横浜市電域」は、横浜が戦後成長の核(地域拠点)となったエリアです。 【横浜橋物語】とも連動しながら 市電の走ったエリアを追います。 ★市電の時代 横浜は幕末期に「開港場」から次第に拡張しながら現在の市域となります。 (横浜市の誕生) 1889年 5.40平方キロメー…
わだじゅんけん 物語 横浜の近代建築

わだじゅんけん 物語

前回から続きます。 少し横浜から 離れます。 松屋中興の祖、内藤彦一は 東京商工会議所の議員をしていた頃、藤沢の鵠沼に1,000坪ほどの土地を別荘地として購入します。 近隣には後藤たま(帝國興信所創業者夫人)邸や、三輪善兵衛(ミツワ石鹸創業者)邸他 政財界の豪邸が立ち並ぶ別荘地でした。 http:/…
横濱デパート物語(MATSUYA編) 横浜の企業群

横濱デパート物語(MATSUYA編)

前回「横濱デパート物語」からMATSUYAをピックアップ。 以前、「MATSUYAのDNA」というタイトルで 横浜ルーツのMATSUYA GINZAを取り上げました。銀座MATSUYAは横浜が創業の地です。 No.30 1月30日 MATSUYA GINZAのDNA ここでは別な角度から創業時の「鶴…
横濱デパート物語 横浜の企業群

横濱デパート物語

20世紀はデーパートの時代と呼ばれました。 三越が全国主要新聞に1905年(明治38年)全段広告を掲載し 「店販売の商品は今後一層その種類を増加し凡そ衣服装飾に関する品目は一棟の下にて御用弁じ相成候様設備致し,結局米国に行はるるデパートメント・ストーアの一部を実現可致候事〜」と宣言 “百貨店”の存在…
横浜・公園物語 横浜はじめて物語

横浜・公園物語

今日は横浜の公園について紹介します。 まず メジャーな公園に関しては 「ヨコハマ公園物語」「横浜山手公園物語」というすばらしい本が出ています。 この本に紹介されている横浜市内の代表的な公園をまず画像で紹介しましょう。 「掃部山公園」 「山手公園」 「横浜公園」 「三渓園」 「山下公園」 その他「港の…
横浜消滅(後編) 横浜技術史

横浜消滅(後編)

私が追いかけているテーマの一つが帝都東京と港都横浜の都市間競争です。 前編で港造り(築港)の視点から東京と横浜の築港競争の歴史を追ってみました。 前回をレビューします。 横浜港は開港以来諸事情で30年間手つかずの状態が続きます。 明治時代に入り、横濱築港計画と同時に帝都東京港の開設計画も持ち上がりま…
横浜消滅(前編) 横濱ことはじめ

横浜消滅(前編)

最近関心のあるテーマが 帝都東京と港都横浜の都市間競争です。どでかいテーマなので、最早くじけそうです。 以前「横浜大さん橋」の歩みを通して横浜港の歴史を簡単に紹介しました。 今日は、港造り(築港)の視点から東京と横浜の築港競争の歴史を追ってみます。 概ね1920年頃までの<震災前>をまとめてみました…
横浜市出身山田太郎くん 横浜の道

横浜市出身山田太郎くん

山田太郎君 といえば、大ヒット漫画「ドカベン」週刊「少年チャンピオン」連載、水島新司作品の代表作の登場人物です。 好きな「野球漫画」は? 50代は巨人の星、 40代はドカベンだそうですが この「ドカベン」1972年(昭和47年)から1981年(昭和56年)まで連載されました。 ここに登場するドカベン…
DOYA!ことぶきの町は。 横浜の橋

DOYA!ことぶきの町は。

横浜には日本三大「寄せ場」の一つがある、 あったと言った方が正確かもしれない。 話では知っているが『この地』の歴史と現在を知る人はごく少数だ。特にある時代を刷り込まれた世代には近づきがたい“影”があった。 横浜市中区寿町とその周辺は、東京・三谷、大阪・釜ヶ崎(あいりん地区)と並ぶ日本を支えてきた経済…
横浜史最大級のミステリー? 横浜に因んだ人たち

横浜史最大級のミステリー?

このブログのネタは歴史的転換期となった横濱開港あたりがどうしても多くなってしまいます。今回も幕末ネタでご勘弁ください。 ただ、私の筆力を除けば“横浜最大級”のミステリーであることは間違いありません。 横浜市中区の関内にある“桜通”にひっそりとある記念碑が建っています。 「生糸貿易商 中居屋重兵衛店跡…