月: 2012年4月

No.121 4月30日  日本にCivil engineeringを伝えた英国人 横浜に因んだ人たち

No.121 4月30日  日本にCivil engineeringを伝えた英国人

桜木町または日ノ出町からほど近い丘の上に整備された野毛山公園があります。 起伏に富んだ幾つかの庭園と、動物園があり、市民の憩いの場所となっているこの公園の一角にヘンリー・スペンサー・パーマーの記念ブロンズ胸像があります。 1987年(昭和62年)の今日、横浜水道創業100年を記念して建てられました。…
No.120 4月29日 庭球が似合う街 横浜はじめて物語

No.120 4月29日 庭球が似合う街

開港時から多くの外国人が暮らした横浜山手地区。 この地から始まった外国文化との出会いが多くあります。 テニスも代表的な横浜から始まった欧米文化の一つです。 1998年(平成10年)の今日、当時の様子を伝える「横浜山手・テニス発祥記念館」が山手公園内(横浜市中区山手町230)にオープンしました。 日本…
No.119 4月28日 開国を祝う 横浜事件簿

No.119 4月28日 開国を祝う

1859年、開港によって限られていた交易の場が飛躍的に拡大します。 その中心となった港が江戸に近い横浜港でした。 この「開港」を記念して節目には横浜「開港祭」が開催されてきました。 横浜を語る枕詞、開港より(  )年の横浜は…… 50周年、100周年、130周年、そして2009年(平成21年)の今日…
No.118 4月27日 蟹とたはむる 横浜に因んだ人たち

No.118 4月27日 蟹とたはむる

東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる 1886年(明治19年)に生まれ26歳で亡くなった石川啄木の代表作品「一握の砂」の冒頭歌です。 啄木ファンには申し訳ありませんが、私生活のひどさは日本文学史上ベストスリーに入るのではないでしょうか。 それでも彼を支援する人たちのおかげで、彼は生き…
No.117 4月26日 今日はマニアック系で失礼します。 番外編

No.117 4月26日 今日はマニアック系で失礼します。

2005年(平成17年)10月、京浜急行はかつて獲得していた久里浜線の油壺への延伸免許を廃止することを決定しました。 これで、京急の南延計画は無くなり、路線延長は1975年(昭和50年)4月26日の三崎口駅開設をもって完了します。(羽田空港線を除く) 今日は、泉岳寺と三崎口間が開通した1975年(昭…
No.116 4月25日 紺地煙突に二引のファンネルマーク 横浜と船

No.116 4月25日 紺地煙突に二引のファンネルマーク

空港は空の港と書きますが、海の港は現在も島国日本の動脈です。 日本の生命線 海運の母港は「横浜」だと表現しても決して大げさではありません。 北太平洋航路の貴婦人と呼ばれた「氷川丸」にとって、4月25日は記念すべき日です。 氷川丸のバースデイとリボーンデイが今日です。 氷川丸が横浜船渠株式会社で竣工し…
No.115 4月24日 忘れ得ぬ事故の記憶 横浜の人々

No.115 4月24日 忘れ得ぬ事故の記憶

誰が悪いのか?ではなく何が悪いのか? 俯瞰することを忘れまい。 事態を限定的にすることで解決した気分になるまい。 人災は当事者の責任以上に多くの責任を含んでいる。 1951年(昭和26年)4月24日13時45分頃、国鉄戦後五大事故の一つが横浜で起りました。 大惨事「桜木町事故」です。 まずは、映像を…
【番外編】コンパクトソーラー 番外編

【番外編】コンパクトソーラー

2月にコンパクトソーラーを購入し使っています。 そのまま「LEDライト」になります。かなり明るいです! 電池の充電が出来ます。 USB出力端子付きなので携帯、iPad, デジカメの充電が可能です。 充電池の予備を持ち充電器として使えますし、逆に充電された電池からUSB経由で電力を使用できます。 日常…
No.114 4月23日 貝から生まれた市電の物語 明治の実業家達

No.114 4月23日 貝から生まれた市電の物語

映画『僕達急行 A列車で行こう』でますます鉄男、鉄女が増加現象とか。 横浜の鉄道ネタもかなり「鉄データ」が充実している関係で、あまり簡単に書けません。 が、ちょいリサーチで勝負します。 今もなおファンの多い「横浜市電」は、元々民間会社を買収して基盤を作りました。 1902年(明治35年)の今日、 横…
No.113 4月22日 甘辛両党おまかせ! 明治の実業家達

No.113 4月22日 甘辛両党おまかせ!

横浜生まれで現在本社が移転した全国ブランドといえば? 洋菓子の不二家、ドイツ菓子のユーハイム、ジャムの明治屋。 なぜか甘党ばかり?!他にもありますが、 今日は食品商社として横浜に創業した株式会社明治屋の物語を紹介しましょう。 「明治屋」が株式会社となったのが1911年(明治44年)の今日、4月22日…