月: 2013年12月

2013年12月25日 横浜の絵葉書この一枚(第2話) 記憶に残るスポット

2013年12月25日 横浜の絵葉書この一枚(第2話)

絵葉書から横浜を読み解く 「写真絵はがき」の分野は、歴史資料としてみる場合に注意点や判断するには難しい制限項目も多く、資料的価値が定まっていないのが現状だそうです。 だからこそ 面白いのかもしれません。 今日の一枚 「横濱新桟橋 View of Fier Yokohama」 このモノクロームの一枚の…
No.475 点・線遊び「足利尊氏からフェリスまで」 横浜に因んだ人たち

No.475 点・線遊び「足利尊氏からフェリスまで」

今日は、点と線を結ぶ“遊び”をします。 つなぐのは 足利尊氏と横浜ゴムとフェリスの秀才です。 この三つのキーワードにどのような関係があるか、 おわかりですか? 近年足利尊氏像では無い説が有力 ■歴史認識 日本史で足利尊氏ほど戦前と戦後で評価が変わった人物はいないでしょう。 時代は14世紀、第96代後…
【絵葉書の風景】2013年12月16日  横浜の道

【絵葉書の風景】2013年12月16日 

私の(数少ない)横浜絵葉書コレクションから 風景を読み解いてみます。 今日の一枚は THE THEATRE STREET,YOKOHAMA. (横濱名所)歓楽の巷伊勢佐木町通り 風景の位置は、伊勢佐木町三丁目方向を道路を挟んで二丁目から臨んでいます。 発行年代の推定は  まず オデオン座の映画看板『…
No.474 横浜を愛した船乗りの夢 明治の実業家達

No.474 横浜を愛した船乗りの夢

20世紀を迎えた1901年(明治34年)、 横浜港に一人のアメリカ人が降り立ちます。 彼の名はカール・ルイス(Karl Lewis) 船員として世界各地を航海している途中でした。 ルイスは富士の見える日本の風景と横浜の街に魅了されます。 早速、桟橋近くにある当時最新のライトホテルに逗留することを決め…
【雑記録】鉄道技師モレル 横浜に因んだ人たち

【雑記録】鉄道技師モレル

(以下の記述はJR桜木町駅が改装される前のものです) 普段は全く気にも留めていなかったところで発見。 桜木町駅改札前のサインボード表示に 「エドモンドモレル記念碑」だって? 頻繁に利用している割に気がつかないものだ。 あのこと? 「エドモンドモレル記念碑」 これ自体はかなり有名なのでご存知の方も多い…