月: 2017年3月

第881話【時折今日の横浜】3月30日4mの背伸び 【資料編】

第881話【時折今日の横浜】3月30日4mの背伸び

1934年(昭和9年)3月30日 「横浜税関庁舎(クイーンの塔)竣工(横浜税関百二十年史)」 横浜三塔の一つで三塔の内で、昭和に竣工したのがクイーンと呼ばれる「横浜税関」です。設計は<横浜税関>によると 「吉武東里氏(国会議事堂も設計)と伝えられているが、詳細は不明」としています。 その他の資料の多…
第880話【絵葉書の風景】横濱乗物図鑑 【資料編】

第880話【絵葉書の風景】横濱乗物図鑑

車馬交通の最も頻繁なる桜木町通り 私のお気に入りの絵葉書の一枚です。 改めて見直すとこの<風景>少々 不自然さを禁じ得ない。 撮影を意図して、当時の乗物すべてをここに集めて撮影したとしか思えない構図となっています。 市内の乗物を一同に並べ 一斉に走らせ カメラマンはシャッターを切った! という感じが…
第879話【時折今日の横浜】3月27日日米接続 国際

第879話【時折今日の横浜】3月27日日米接続

1901年(明治34年)の今日 「太平洋電線敷設に関する建議書を提出する。(横浜商工会議所百年史)」 日米の通信(太平洋の電線敷設)は、明治初期からの懸案事項でした。 日本における国際通信の歴史は意外に古く 1870年(明治3年)10月 日本政府はデンマークの電気通信事業会社「大北電信会社(グレート…
第878話【時折今日の横浜】3月26日 明治の実業家達

第878話【時折今日の横浜】3月26日

三渓園 1954年(昭和29年)の今日 現在、多くの市民に愛されている三渓園が“市民公園”として開園しました。 桜の季節に合わせての開園でしょう。 本牧にある三渓園は、横浜を代表する実業家であった原富太郎(原 三渓)が明治時代に作った自宅を兼ねた庭園です。 1906年(明治39年)5月1日には自宅で…
番外編【絵葉書の風景】ハルピンの沖禎介 【資料編】

番外編【絵葉書の風景】ハルピンの沖禎介

戦前期、年間数億枚も発行された「絵葉書」は当時の重要なメディアでした。 この絵葉書は 「明治37年4月20日付け 大日本帝国沖縄県那覇 沖庄蔵 殿 在 ハルピン 沖 禎介」 発行は大正期と思われます。 沖 禎介(おき ていすけ)という人物は 大陸浪人、諜報活動家、日本軍特殊任務従事者といった肩書で紹…
第877話【時折今日の横浜】3月25日 横浜の駅

第877話【時折今日の横浜】3月25日

1929年(昭和4年)の今日 横浜市営交通八十年史の年表に 「神中鉄道と連絡運転開始(連絡駅は社線は西横浜駅、市電は水道道停車場)」 時代は、横浜市の関東大震災復興計画が仕上げの時期に来ている頃です。 横浜の街(関内外特に伊勢佐木あたり)にも“にぎわい”が戻りつつありました。 神奈川の鉄道関係者にと…
第876話【時折今日の横浜】3月24日 横浜でバス巡り

第876話【時折今日の横浜】3月24日

1985年(昭和60年)3月24日の今日、 三菱銀行人質たてこもり強盗事件が横浜で起こりました。 <毎日新聞> 「本町4丁目の三菱銀行横浜支店に、警察官の制服等を着装して警察官になりすました2人の男が、野毛場外馬券売場から車両で搬送される売上金等を狙って押し入り、同銀行員とガードマンにけん銃を突きつ…
第875話【時折今日の横浜】3月21日 【資料編】

第875話【時折今日の横浜】3月21日

1953年(昭和28年)の今日 「横浜市戦没者慰霊塔」の竣工式が行われ戦没者追悼式が開催されました。 この慰霊塔をご存知ですか?現在の三ツ沢公園の一角に建っています。 <三ツ沢公園> 「横浜市戦没者慰霊塔」の建つ横浜を代表する公園の一つ<三ツ沢公園>をまず紹介しましょう。 三ツ沢公園(み…
第874話【よこはまモノクローム】 横浜の道

第874話【よこはまモノクローム】

■「猥雑な裏通り」<猥雑>という言葉 いかがわしく感じることがあるのは 猥に褻がつながることがあるからだ。 私は「猥雑」さに安堵感を持つ。 猥雑とは日常と非日常の隙間に似ている。 実は最近の横浜中華街には失望感がある。 奇麗すぎる。 この街は 裏通りが 心地よい。 ■ホテルから結婚式場へここはかつて…