開港以前

横浜史自分版を作る 【資料編】

横浜史自分版を作る

横浜市のサイトに掲示されている「横浜市のあゆみ 略年表」の近世幕末期までの部分を転載しました。出展:「横浜市のあゆみ 略年表」     横浜市のあゆみ 略年表 約20,000~2,400年前   先土器・縄文時代は、まだ農耕が生活の中心になる前の時代ですが、横浜市域でも…
第965話 醤油、塩 横浜雑景Ⅱ 大岡川水系

第965話 醤油、塩 横浜雑景Ⅱ

前回に続き、醤油と塩から横浜を見てみたい。 横浜市域は地形的には東から北東にかけて、鶴見川に沿って農耕地が点在するが西部エリアは起伏が多く農耕地はあまり多くなかったため近世、全体としては米穀の生産量は全国平均と比較して少ない。 かといって近世の横浜エリアがコメの取れない貧しい村々で埋め尽くされていた…
第944話 中世の横浜(2) 横浜の道

第944話 中世の横浜(2)

歴史上横浜市域における<いくさ>はあまり多くなかったようです。 中世期に 幾つか横浜の戦いがありました。 横浜の中世史に関心のある方に横浜の<戦場>は? と質問すると、 多くの方が挙げるのが、緑区の「小机城」と 神奈川区の「権現山」です。 さらに 御家人畠山重忠の終焉の地「鶴ケ峰古戦場(旭区)」を中…
第938話【2017・年末ネタ】 横浜界隈・境界

第938話【2017・年末ネタ】

毎年12月師走ともなると、交響曲第九の公演とドラマ忠臣蔵が定番行事でしたが、近年時代劇不振で、再放送ばかりのようです。 「交響曲第九の公演」 「忠臣蔵=赤穂事件」 共に 横浜とも関係があるので年末ネタとして紹介しておきましょう。 「交響曲第九の公演」 https://www.youtube.com/…
第911話 中世の横浜を理解する(1) 【資料編】

第911話 中世の横浜を理解する(1)

近年、横浜の近世以前が丁寧に解説されるようになってきました。確かに開港一辺倒の横浜史が多い時期もありました。 今年は吉田新田完成350年ということもあり、近世=江戸時代に少し光が当たっています。 さらに時代を遡って中世の横浜は? 横浜市域が武士の時代を迎える頃が中世の始まりですが、調べ始めると知らな…
第909話 【大岡川運河エリア史】江戸湾編 水辺の風景

第909話 【大岡川運河エリア史】江戸湾編

素人調べレベルと予め宣言しておきます。 大岡川河口域に広がっていた<内海>は絵図を見ると新田開発が始まるまでは、漁場だったようです。<横浜の砂州>が冬場の北波を防ぐ防波堤の役割をしていたから中々の漁場だったのではないでしょうか。 その後、吉田新田干拓(1667年)によって、<内海>の漁場が野毛村近辺…
第908話 【大岡川運河エリア史】漁師百姓 横浜の水辺

第908話 【大岡川運河エリア史】漁師百姓

大岡川に関心を持った中で 江戸期の百姓の姿を知りたいと考えました。 そこで この夏の集中テーマを江戸の「百姓」に置き 学習計画を立てました。 大岡川下流域、横浜村エリアに暮らした百姓の姿を推理するには何が必要か? と考えたからです。 1667年に吉田新田が完成した以降、開港までの横浜村エリアの百姓は…
第907話 九隻のペリー艦隊 歴史を変えた事件

第907話 九隻のペリー艦隊

ここに「横濱村辺之図」という江戸末期に描かれた絵図があります。 横浜の歴史を大きく変えた米国ペリー艦隊が横浜沖に集結している様子を描いたものです。 さて? この絵図の描いた時期はいつごろか?最初にペリーが江戸湾に現れたのが 1853(嘉永六)年のことです。この時は、四隻の黒船で現れました。 「泰平の…
第884話【今日の横浜】4月2日リベンジ横浜! 【資料編】

第884話【今日の横浜】4月2日リベンジ横浜!

 万治2年2月11日(1659年4月2日) 横浜の原点となった「吉田新田」の第二回鍬入れ(再開)の日です。 旧暦では2月11日ですが、ここではネタ用に西暦を使わせていただきます。 実は 吉田新田干拓計画はさかのぼるところ 1656年9月5日 明暦2年7月17日に江戸の吉田勘兵衛が江戸幕府か…
第852話 7月19日京浜急行と権現山の戦い 京浜急行

第852話 7月19日京浜急行と権現山の戦い

京浜急行神奈川駅は京急線の中で一番“狭い”ホームのある駅です。(感覚です。実際測っていません) 開業は1905年(明治38年)12月24日、歴史ある駅です。 今日は駅そのもののエピソードは別の機会に譲ります。 神奈川駅のある一帯は明治期に鉄道を敷設する際、丘陵の一角を大きく削りました。 神奈川駅を挟…