月: 2011年12月

映画雑談「ブレードランナー」 横浜の映画・ドラマ

映画雑談「ブレードランナー」

このブログを始める際、特に横浜とは関係なく、まだ横浜関係に絞り込むことも考えていなかった2011年ごろのもの。 いろいろ書き込んだ中からたまたま現在公開中の映画となったので、気恥ずかしいが公開しておく。 内容的にはサンフランシスコっぽい舞台設定。 ここではファイナル・カット (2007)版と劇場版に…
【番外編】横浜市歌の真実 【資料編】

【番外編】横浜市歌の真実

■横浜市歌に秘められた謎 横浜で最もポピュラーな歌は「横浜市歌」です。 わが日の本は島国よ (わがひのもとはしまぐによ) 朝日かがよう海に (あさひかがよううみに) 連りそばだつ島々なれば (つらなりそばだつしまじまなれば) あらゆる国より舟こそ通え (あらゆるくによりふねこそかよえ) されば港の数…
横浜ラプソディ 横浜市歌を巡る 後編 横浜の人々

横浜ラプソディ 横浜市歌を巡る 後編

(ブログを始める前2009年ごろに書いたものです) 横浜ラプソディ 横浜市歌を巡る前編 http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/?p=629 ■ 横浜市歌に関する記録はあまりありません。残念ながら、関東大震災で多くの資料が失われてしまいました。横浜市歌ができ上がる記録を…
横浜ラプソディ 横浜市歌を巡る前編 横浜の人々

横浜ラプソディ 横浜市歌を巡る前編

■(ブログを始める前2009年ごろに書いたものです) 「わが日の本は島國よ 朝日輝ふ海に 連り峙つ島々なれば あらゆる國より舟こそ通へ」と続く歌詞は、文豪森林太郎(鴎外)作詞による横浜市歌です。街のどこかでこの歌が流れると、思わず口ずさむ市民に出会うことができます。そう、平成になって音頭やブルースに…