横浜の水辺

No.306 11月1日(木)戸塚駅東口小史 横浜の橋

No.306 11月1日(木)戸塚駅東口小史

今、東海道本線戸塚駅西口再開発が終盤を迎えています。 戸塚駅は東海道の宿場町にできた駅で、市内2番目の乗降客数を誇る横浜市内中核都市の一つで。 しかし、駅前の不便さは長らく市内最悪の状態でした。 1986年(昭和61年)11月1日の今日、 再開発ビル「ラピス戸塚」が完成オープンしたのを皮切りに 戸塚…
No.269 9月25日(火)河口に架かる橋 横浜の橋

No.269 9月25日(火)河口に架かる橋

日本のインフラ整備の歴史の中で、橋の設計は個性的です。 近所の小さな橋を幾つか探してみても工夫の跡が判ります。 特に海(湖)に注ぐ川の入口に架かる橋は、全国的に美しいものが多いようです。 1964年(昭和39年)9月25日の今日、 埋立てによって整備された河口に架かる八景橋が完成しました。 このあた…
No.249 9月5日(水)保土ケ谷駅周辺散策 (写真追加) 横浜の水辺

No.249 9月5日(水)保土ケ谷駅周辺散策 (写真追加)

今日は地域散策ネタでいきます。 横浜歴史年表に「1929年(昭和4年)9月5日久保町杉山神社の遷宮式が行われた」とありましたので、実際に久保町(現在は西久保町118)の杉山社(正式には?)に行ってきました。 遷宮式とは「ご神体を従前とは異なる本殿に移す儀式のこと」です。 杉山神社の主祭神は五十猛命(…
【番外編】(ざくっと横浜その1)村は川に沿って生まれる 横浜の水辺

【番外編】(ざくっと横浜その1)村は川に沿って生まれる

【その1】村は川に沿って生まれる ※とにかくざくっと横浜を知るには? と以前からいろいろ資料を組み合わせ 作ってみました。 横浜も集落は川に沿って誕生しています。 横浜は谷戸(山と谷)の多い地域です。 横浜は大きく4つ(プラス)の川(水系)で構成されています。 鶴見川、帷子川(かたびらがわ)、大岡川…
No.241 8月28日(火)駅を降りたら、国際港 復活(その2) 横浜の水辺

No.241 8月28日(火)駅を降りたら、国際港 復活(その2)

現在国際空港行き専用急行便が走っているように、 かつて横浜港と東京を結ぶ専用路線(臨港鉄道)がありました。 1920年(大正9年)7月23日に運行開始、戦争とともに廃止されます。 戦後、国際港から太平洋航路が復活とともに短い期間でしたが1957年(昭和32年)8月28日から1960年(昭和35年)8…
No.239 8月26日 (日)タマちゃん調べ出したら止まらない 横浜の水辺

No.239 8月26日 (日)タマちゃん調べ出したら止まらない

覚えていますか? 2002年(平成14年)8月25日から2003年(平成15年)3月14日にかけて横浜市内の河川に現れたアゴヒゲアザラシのタマちゃんのこと。 2002年(平成14年)8月26日の今日、全国に報道された日です。 (※25日、26日不明ですが 26日付けで紹介します)と 気軽に今日は夏休…
No.236 8月23日(木)帰浜した鉄工所 横浜の橋

No.236 8月23日(木)帰浜した鉄工所

横浜の歴史は埋立ての歴史でもあります。 海に土地をつくり産業を興し、 陸に住宅をつくり成長してきました。 特に戦後早々に始まった 横浜湾岸埋立て計画の中核が“根岸湾”でした。 1963年(昭和38年)8月23日の今日、 石川島播磨重工業(株)が根岸湾埋立地に機械工場建設のための起工式を行い磯子工業地…
No.214  8月1日 (水)開港場を支えた派川工事 大岡川水系

No.214 8月1日 (水)開港場を支えた派川工事

横浜は花火大会です。2014年は8月5日19時スタートでした。 1874年(明治7年)8月1日(土)の今日、 横浜港と根岸湾とを結ぶ水運と、 吉田新田埋立用土砂確保のため中村川から根岸までの堀割工事が完成しました。 中村川から根岸までの堀割工事が完成し、「堀割川」と命名されました。 「堀割川」 正式…
No.205 7月23日 (月)駅を降りたら、国際港 横浜の水辺

No.205 7月23日 (月)駅を降りたら、国際港

1872年(明治5年)に初めて横浜と品川間の鉄道が開通し2012年で140周年を迎えました。開通から半世紀のちの1920年(大正9年)7月23日の今日、 東京駅と「横浜港駅」間が開通しました。 “横浜港〜サンフランシスコ間航路”に接続するための臨港線が開通したことはあまり知られていません。 今日は現…
No.192 7月10日(火)【横浜の河川】もう一つの大岡川 大岡川水系

No.192 7月10日(火)【横浜の河川】もう一つの大岡川

都市には必ず川の歴史があり氾濫と治水の歴史でもあります。 1976年(昭和51年)7月10日(土)の今日は、大岡川治水工事の一貫として着工した「大岡川分水路」(全長3,640m)の部分通水(笹下川から根岸湾まで)を開始した日です。大岡川は、港南区の丘陵地に水源を持ち、南区、中区の密集市街地を流れ横浜…